次期iPadは9.7インチの本体サイズに10.9インチディスプレイ ベゼルレス&ホームボタン廃止か

次期iPadは9.7インチの本体サイズに10.9インチディスプレイ ベゼルレス&ホームボタン廃止か

iPadがパソコンの代わりに成り得ない2つの大きな理由
iPadとBluetoothキーボードの組み合わせが実務に耐えられない・使いにくい8つの理由(iOS 12.1)
iOS 12を入れたiPadでコントロールセンターを表示させる方法

スポンサーリンク

少し前にAppleは2017年に従来の9.7インチサイズのiPadより一回り大きく、12.9インチの巨大なiPadより一回り小さい10.5インチのiPadを発売するかもしれないという情報を紹介しました。

ところが今週になって従来の9.7インチディスプレイのiPadの本体サイズからほぼ変わらず、ディスプレイのみを10.9インチにしたiPadが発売になるとMacお宝鑑定団が報じています。

そこで実際に9.7インチディスプレイのiPadに10.9インチのディスプレイを入れたらどうなるのか試してみました。

本体サイズはそのまま。ディスプレイのみ大きくなる?

2017年3月末に発売になるといわれている新しいiPadは従来の9.7インチディスプレイモデルの本体サイズはそのまま、ディスプレイを12%ほど大きくした10.9インチになる可能性があります。

試しに9.7インチのiPadに10.9インチディスプレイを当てはめてみると

10_9inch-ipad-29nov

スポンサーリンク

キッチリ収まりました。

ただホームボタンやFaceTimeカメラにレンズがかかってしまうため、iPhone 8よりいち早くホームボタンを廃止し、左右はベゼルレスに、上部のベゼルはFaceTimeカメラがあるので従来通りのなるとのこと。それとiPad Airと比べて厚みが3mmほど増し7.2mmになるそうです。

スポンサーリンク

COMMENTS