iPadがパソコンの代わりに成り得ない2つの大きな理由

スポンサー・リンク

Appleが2018年11月20日、「iPad Pro – 5 Reasons iPad Pro can be your next computer」というPR動画をリリースさせました。

その動画を見て正直、「マジか」と思ってしまいました。

ここ最近、Appleは「iPadはパソコンの代わりになる存在」「パソコンより優れている」というプロモーションを打ち立てています。でも、実際のところはそんなことありません。

そこでこの記事では、僕が思う「iPadがパソコンに成り得ない理由」を書き出してみました。

Appleが思うiPad Proがパソコンの代わりになると思う5つの理由

スポンサーリンク

この動画によると、AppleがiPad Proはパソコンの代わりになり得ると考える理由か以下の通りです。

  1. ほとんどのパソコンより性能が良い
  2. 多機能。スキャナー、ノート、カメラ、動画編集、音楽スタジオ、本、コンピューター。
  3. どこでも使える。LTEに対応。
  4. 直感的で簡単な操作性。ジャスチャー。
  5. Apple Pencilを使える

というものです。

iPadがパソコンの代わりに成り得ない理由

スポンサーリンク

この動画を見て僕が思ったのは「Appleが思うパソコンってなんだろう?」でした。

僕がどうしてiPadがパソコンの代わりに成り得ないと思う大きな理由を2つ書き出してみました。

  1. 外部ファイルを自由に扱えない。ファイル管理の問題。
    外付けハードディスクが認識せず、SDカードなども写真や動画しか取り込めない。
  2. 日本語入力の精度、というよりも入力する上での操作性に問題がある

他にも細かい事は書き出せばたくさんあります。でも上の2つが大きな理由です。

パソコンに置き換わる存在でなくても良い

同じノートパソコンでも「モバイル重視」で軽量化を図り性能が若干劣るものと、CGバリバリのゲームも動かせる巨大で重たいノートパソコンがあります。

またデスクトップとノートパソコンでも違ってきます。

なので、iPadでパソコンでできるすべての作業をこなせるようにしたいとは思っていません。それぞれ得手不得手はあって当然です。

ただ、iPadがパソコンと同じ土俵に立てるか?と言われると、立てないと思います。

Appleが「パソコンの代わりになる」と売ってしまうと、買った人が「パソコンでできることができなかった=iPad使えない」と思ってしまうかもしれません。

なので個人的には「iPadはパソコンの代わりではなく、新しいジャンルであること」「iPadの利用価値を高めること」がAppleの本来すべきことなのではないかな?と思いました。

 

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告