iPhone 12は同梱されるイヤホンとしてAirPodsも選択可能に?

以前、2020年に発売されるiPhone 12(仮称)に同梱されるイヤホンがケーブルタイプのイヤホンErPodsからワイヤレスのAirPodsに変わるのでは?という噂を紹介しました。

この噂を後押しする情報をMacお宝鑑定団Blogが12月22日に報じています。

2020年発売のiPhoneは同梱イヤホンとしてAirPodsとEarPodsを選べるようになる?

スポンサーリンク

Macお宝鑑定団Blogが工商時報から得た情報によると、2020年に発売されるiPhone 12(仮称)は今まで同梱されていたイヤホンEarPods以外にもワイヤレスイヤホンのAirPodsを選択できるようになるかもしれないそうです。

これによってAppleの関連企業の株価が上昇したとか。

AirPodsをiPhoneの同梱品として購入した場合、AirPods単体で購入するよりも価格が下がる可能性もあります。

追加料金が幾らなのか気になるところ

スポンサーリンク

AirPodsはAirPods Proをあわせると全部で3種類あります。

  • AirPods ワイヤレス充電ケース付き … 22,800円
  • AIrPods … 17,800円
  • AirPods Pro … 27,800円

今回報じられたAirPodsが充電ケース付きなのか、それとも充電できないケースなのか、もしくはどちらも選択できるのかは明らかにされていません。

個人的にはAirPods Proも含めて選べるのが一番理想的で、その価格次第で「AirPods同梱」が魅力的な選択肢なのかどうか変わってくると思っています。

希望としては数千円安くなって欲しいところですが、実際は消費税分程度でしょうか。気になるところです。

情報元:Macお宝鑑定団Blog

関連記事