2020年発売の次期iPhoneにはAirPodsが同梱される!?

次期iPhoneについていろいろな憶測が飛びますが、今回の情報は情報通でなくても「それはないでしょ」と思ってしまう情報です。

その情報というのは、2020年に発売されるiPhone 12(仮称)にAirPodsが同梱されるかもしれないというものです。

次期iPhoneにAirPodsが同梱される!?

スポンサーリンク

台湾のメディアDigiTimesによると、AppleやSamsung、Xiaomiなど各社は2020年に発売されるスマートフォンに完全無線イヤホンを同梱することを検討しているそうです。

完全無線イヤホンと言えば、AppleならAirPodsやAirPods Pro、SamsungならGalaxy Budsが発売されています。

「iPhoneにAirPodsが同梱される」と聞いてほとんどの方が「いやいや、それはない」と思うのと同じように、MacRumorsやBGRなど海外のメディアも今回の情報については懐疑的です。

その理由は簡単です。価格です。
AirPodsは一番安い本体が充電できないタイプでも17800円(税別)です。一方、従来のiPhoneに同梱されているEarPodsは2,800円(税別)です。15,000円も価格差があります。

原価が上がる分、iPhoneを高くしてユーザーは喜ぶのか、逆にAirPodsを同梱にしながら価格を据え置きにした場合、それだけのことをするメリットがAppleにあるのか疑問です。

そもそもAIrPodsやAirPods Proをすでに持っている人はどうしたらいいのでしょう。

個人的には全然嬉しくないです

スポンサーリンク

今回の件。皆さんはどう思いますか?

僕個人としてはAirPodsもAirPods Proも持っているので、AirPodsが同梱されていてもまったく嬉しくありません。「その分の値段を下げて欲しい」と思うはずです。

そもそもなのですが、歴代のiPhoneで同梱されるEarPodsを使ったことすらありません。個人的にはEarPodsを無しにして良いから1000円でも2000円出も下げて欲しいくらいです。

なぜ各社が完全無線イヤホンをスマホに同梱したいのでしょうか。不思議です。

情報元:MacRumors

関連記事