Apple、iPhone 8で3Dデュアルレンズカメラを搭載する!?

Apple、iPhone 8で3Dデュアルレンズカメラを搭載する!?

iPhoneやiPadで写真を「横向き」で撮った写真が「縦」で撮れてしまうときの対処法(iPhone X以降にも対応)
iPhoneやiPadでロックスクリーンからカメラを起動させない方法はある?(iOS 11対応)
【iPhone X・XS・XR】ロック画面でカメラや懐中電灯が起動しない?そんな時の対処方法

スポンサーリンク

来年発売されるといわれている次期iPhone、iPhone 8のレンズについて新しい情報が入ってきました。

以前から2017年に発売されるiPhoneはデュアルレンズカメラに改良が望遠レンズに光学手ぶれ補正が入るという情報があるなど、「デュアルレンズ」にまつわる情報をポツポツと見かけます。

そんななか、今回入ってきた情報はデュアルレンズで3D撮影が可能になるかもしれないというものです。

3D撮影ができるカメラを開発中

9to5Mac経由のThe Korea Economic Dailyによると、Appleは現在、LG Innotekと共同で3D写真の撮影ができるカメラを開発中とのことです。

Mac Rumorsによると、Appleは去年LinX Imagingというイスラエルのスタートアップを買収しています。そして同社が持っていた技術には3Dマッピング技術が含まれています。またアップルは顔や生体認証の特許も持っています。

これらの技術がiPhone 7 Plusに搭載されたポートレートモードを更に高精度にするものなのか、それとも全く新しい機能になるのか具体的なことについては、情報元のThe Korea Economic Dailyでも明確な情報は得られていないそうです。

スポンサーリンク

こういった技術をいかにLG Innotekが開発しているカメラで活かすのか?が今後注目されるところです。

さらに以前、Appleはメガネ型のウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるという話があり、その中で拡張現実を実現させる重要な要素となるのがiPhoneのカメラだという情報もあります。

それら全てを次期iPhoneに盛り込むのでしょうか。今後が楽しみです。

 

スポンサーリンク

COMMENTS