2020年発売のiPhone 12は4機種!?上位モデルと下位モデル2種類ずつの可能性

海外メディアのAppleinsiderによると2020年に発売されるiPhoneは4機種になるかもしれないそうです。

「4機種」というと2019年に発売されたiPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxより更に1機種多いことになります。

いったいどのような機種になるのでしょうか。

2020年発売のiPhoneは4機種!?

スポンサーリンク

Appleinsider経由、JPモルガンによると2020年に発売される次期iPhoneは4機種になるとのことです。

4機種はiPhone 11とiPhone 11 Proと同じように上位モデルと下位モデルの2つに分かれ、それぞれディスプレイサイズが違う2機種になる。

iPhone 12 上位モデル

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの後継と考えられるiPhone 12の上位モデルの特徴は以下の通りです。

  • ディスプレイ:6.1インチと6.7インチ
  • 背面カメラは3つ
  • 背面カメラのうち1つは3Dセンシングカメラ
  • 通信:サブ6GHz帯&ミリ波波 5G対応(より高速)

iPhone 11 Proのディスプレイが5.8インチ。iPhone 11 Pro Maxは6.5インチなので、それぞれ少しだけディスプレイが大きくなるようです。

これによって本体サイズが大きくなるのか、それとも、よりベゼル(フチ)が細くなるのか?などは明言されていません。

iPhone 12 下位モデル

下位モデルはiPhone 11の後継モデルの可能性が高いです。

  • ディスプレイ:5.4インチと6.1インチ
  • 背面カメラは2つ
  • 3Dセンシングカメラは非搭載
  • 通信:サブ6GHz帯 5G対応

カメラはiPhone 11と同様に2つですが、画面サイズが2種類あります。iPhone 11はディスプレイが6.1なので、それよりも一回り小さいモデルが出るのかもしれません。

情報元:Appleinsider

関連記事