Apple、iPhone 8の開発で少なくとも5つ以上の無線充電技術をテスト中

Apple、iPhone 8の開発で少なくとも5つ以上の無線充電技術をテスト中

入力システムの「Simeji」で単語登録をする方法
iPhone XSやiPhone XRでここが変わった!基本操作「Siriを呼び出す」
iPhone/iPadのアプリを終了させる方法

スポンサーリンク

iPhoneは数年前から「無線充電機能が搭載されるのでは?」と噂されつつ、今まで製品化されたことはありません。そして例に漏れず今年も無線充電に関する噂が尽きません。

「今年こそは」という声が圧倒的に多い中、一部では「Samsung Galaxy Note 7の爆発事故が原因で今回は無線充電機能を見送る」なんていう情報もありました。

そんな中、AppleはiPhone 8の開発段階で少なくとも5つ以上の無線充電技術をテストしているという情報が入ってきました。

Apple、5社以上の無線充電技術をテスト中

Appleは最近「Qi(チー)」と呼ばれる無線充電の世界標準の規格に加盟しました。
SonyやCanon、Samsung、LG、Dellなど全世界で200社以上がQi規格を採用しています。

またそれ以外にも製品化されていないような技術まで合わせて少なくとも5種類以上の無線充電をiPhoneの試作機に搭載し、製品化できるかどうか試しています。

今年のiPhoneは例年より早い時期から製造されることが予想されているため、そろそろすべての要素が確定し、製造へ向けて動き始めているはずです。つまり、無線充電がそもそも搭載されるのか、もし搭載される場合はどの技術が搭載されるのかは決まっているはずとのこと。

スポンサーリンク

今後、製造ラインが動き始めると、そこからさまざまな情報がリークするため、今後iPhone 8がどんな姿をしているのか、どんな技術が盛り込まれるのかより具体的な情報が入ってくるはずです。

情報元:Mac Rumours

 

スポンサーリンク

COMMENTS