これはすごい!試作のiOSアプリが使えるApple Mirrorは未来感満点

これはすごい!試作のiOSアプリが使えるApple Mirrorは未来感満点

iPhoneでロックスクリーンからカメラを起動させない方法はある?(iOS 11対応)
ユニバーサルクリップボードの使い方とメリット
iPhoneの「手前に傾けてスリープを解除」をオフにする方法

スポンサーリンク

よく近未来の映画で、壁面に大きな画面が映し出されて、そこで操作をするシーンを見かけますね。ニューヨークに住むRafael Dymekはそんな映画のワンシーンを実現させる鏡を自分で制作しました。

しかも、そのベースはiOS 10。つまりiPhoneやiPadのスクリーンを大きな鏡にしたら。。。という発想を自力で実現させ、さらにその鏡を操作しているところをYoutubeにアップし、話題になっています。

近未来を感じるApple Mirror

この凄さはまず動画を観てもらうのがわかりやすいので、動画をご覧ください。

凄くないですか?

スポンサーリンク

鏡の左上にはその日と向こう5日間の天気が表示され、右上には時間。左右に1列ずつ縦にアプリが並んでいます。もちろんアプリは並び替えができます。

そして45秒経つとアプリやユーザーインターフェイス(UI)は消えて、普通の鏡のようになります。元に戻すのは鏡をタップするだけ。

Facebookメッセージを見たり、音楽を流したり外部スピーカーの音量を変えたり、動画やニュースを読んだり、Uberでタクシーを呼んだりすることができます。Uberで位置情報も送信しているのでGPSも鏡に内蔵されていることがわかります。

だけど鏡はちょっと困りますね

このApple Mirrorと呼ばれる試作品。もし商品化されても欲しいかどうか微妙なところだったりします。というのも、鏡を手で触って操作したら、指紋・手垢とか凄そうですよね。もちろんiPhoneなどで指紋が付かないスクリーンプロテクタがあるので、鏡に同じ処理を施せばいいのかもしれませんけど。

情報元:Mac Rumors

スポンサーリンク

COMMENTS