「watchOS 5.1」配信停止に。アップデート中にApple Watchが文鎮化する報告

Appleはアメリカ時間の10月30日、Apple Watch向けのOS「watchOS」の最新版「watchOS 5.1」をリリースしました。

ところがリリース早々、一部のユーザーからApple Watch Series 4をアップデート中に障害が発生し、Apple Watchは文鎮化、つまりまったく動かなくなってしまうという不具合が複数のユーザーから報告されました。

watchOS 5.1はすでに取り下げられる

スポンサーリンク

これを受けてAppleはwatchOS 5.1の配信を停止しています。

情報元の9tomacによると、この報告は掲示板サイトのRedditやTwitterでバグが報告されていたとのこと。

その報告によるとwatchOSのアップデート中、Appleのロゴが出てくるところでフリーズし、その後そのまま復旧しなくなってしまうユーザーまでいたようです。

解決策は特になし→サポートページが公開に

スポンサーリンク

この問題。Apple Watchが固まったまま復旧しないとなると、ユーザーができることはほとんどありません。強制再起動が出来る場合は強制再起動をさせて、その後問題なく使えるようであれば問題解決となりますが、もし解決しない場合はAppleのサポートに問い合わせるしかありません。

またこの問題にApple側からの具体的な解決策や、具体的にどのくらいのユーザーに影響があったのかについての発表はありません。

追記:2018年11月3日
その後、Appleから正式にサポート情報が公開されましたが、内容は「強制再起動させる」「サポートに問い合わせる」といったことのみが記載されているだけです。

関連記事