[明かされる謎]iPhone XSやiPhone XRのSやRにはどんな意味がある?

2018年に発売されたiPhoneの最新機種 iPhone XSやiPhone XR。
iPhoneは例年「iPhone 6」の翌年は「iPhone 6s」が出るため、今年のiPhone XSは違和感なく受け入れられますが、iPhone XRが発表になったとき「Rの意味は」というニュースが各メディアに掲載されました。

先日、アメリカのメディアEngadgetがAppleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラー(Phillip W. Schiller)、通称「フィル・シラー」のインタビューを行い、そこでiPhone XSやiPhone XRにつく「S」や「R」の意味を明かしました。

iPhone XSやiPhone XRのSやRの意味

スポンサーリンク

iPhone XSなどSが付く端末はよく「SpecialのS」とか「SecondのS」と言われてきました。

フィリップ・シラー氏は2016年に行われたインタビューでiPhone SEのSEは「Special Editionの略である」と明かしています。そのため、XSに付くSはSpecialのSではなさそうです。
情報元:Business Insider

そしてiPhone XRのRは「アルファベットの順番でSの一つ前=簡易版である」「Regular(並・普通などの意味)のR」などと噂されてきましたが、誰もが納得するような答えはありませんでした。

そして今回、Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるフィリップ・シラーがその謎を明かしました。

SやRに特に意味はない。格好いいから

スポンサーリンク

Engadgetのインタビュー記事によると、iPhone XSやiPhone XRにつく「S」や「R」にはこれといった意味はないそうです。

ただし、フィリップ・シラーは大のスポーツカー好き、特にポルシェやアウディが好きで、それらの車の型番によく「S」や「R」が付くことから「スペシャル感」を出したり「かっこよさ」を出すために「S」や「R」を付けているそうです。

本当にSやRは付くのか

試しにポルシェのウェブサイトを見ると

  • 911 タルガ4(定価1,610万円)の上に、911 タルガ 4S(定価1,913万円)
  • 911 ターボ(定価2,267万円)の上に、911 ターボS(定価2,630万円)
  • 911 ターボ カブリオレ(定価2,533万円)の上に911 ターボS カブリオレ(2,896万円)

さらに「911 GTS(定価2,150万円)」の上には「911 GTS RS(定価2,692万円)」という「R」も「S」も付く機種が存在します。

これが本当に本当の理由なのか、それとも建前なのかはわかりませんが、今回のインタビューで「iPhone XSやiPhone XRのSやRに深い意味はない」ということになりました。

何かの話のネタにお使いください。

関連記事