Appleは2020年に5機種ものiPhoneを発売すると予想

Appleの新製品情報に詳しいミン・チー・クオによると、2020年にAppleは5機種ものiPhoneを発売するかもしれないそうです。

「5機種」とはまたずいぶん多い気もしますが、いったいどのようなiPhoneが発売されると予測されているのでしょうか。

4機種は2020年 秋に発売(例年通り)

スポンサーリンク

アナリストのミン・チー・クオ(Ming-Chi Kuo)によると、2020年に発売されるiPhone 12(仮称)は5機種のうち4機種は例年通り、秋に発売されるそうです。

4機種の構成はiPhone 11とiPhone 11 Pro、そしてiPhone 11 Proの構成とよく似ていますが、iPhone 11のタイプで画面サイズの小さなものがあるとのこと。

iPhone 11の後継機種「iPhone 12」

  • ディズプレイ:5.4インチと6.1インチ
  • 有機ELディスプレイ(OLED Display)
  • A14チップ搭載
  • 5G(サブ6GHz帯)
  • カメラは2つ
  • iPhone 4のような筐体になるかも

iPhone 11は現行1機種しか発売されていません。つまり次期iPhoneはiPhone 11の後継モデルとして2機種用意するということになります。

ディスプレイサイズはiPhone 11が6.1インチなので、次期iPhoneのうち1機種は同じディスプレイサイズ。もう1機種の5.4インチはiPhone 8 Plusのディスプレイが5.5インチなので、それに近い大きさになるということです。

iPhone 11 Proの後継機種「iPhone 12 Pro」

  • ディズプレイ:6.1インチと6.7インチ
  • 新しい有機ELディスプレイ(New OLED Display)
  • A14チップ
  • 5G(ミリ波帯)
  • カメラは3つ。3Dセンシングカメラを含む
  • iPhone 4のような筐体になるかも

現行のiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxのディスプレイは「5.8インチ」と「6.5インチ」です。
つまりミン・チー・クオの情報が正しいなら、ディスプレイは一回り大きくなることになります。

「ディスプレイが大きくなり、ベゼルを細くして現行モデルとほぼ同じ本体サイズ」になるのか、それともディスプレイが純粋に大きくなり、本体サイズが大きくなるのかはわかりません。

もう1機種は2020年春に出る? iPhone SE 2

スポンサーリンク

秋に発売される4機種以外に発売が予想されているのはiPhone SE 2です。

ミン・チー・クオ氏は以前からiPhone SE 2が出ると予想していますが、なかなか出ません。「今度こそ」といったところでしょうか。現在出ると言われているiPhone SE 2は以下のようなものが有力です。

  • iPhone 8を見た目が似ている
  • ディスプレイは4.7インチで液晶ディスプレイ(LCD)
  • ホームボタンがある
  • A13チップを搭載
  • メモリが3GB
  • カメラは26mmの広角レンズのみ
  • 5Gに対応しない模様
  • 価格は399USドルくらい

情報元:iDropNews

関連記事