2021年発売のiPhoneはLightningポートを廃止し無線充電へ移行か

iPhoneのLightningを止めて早くUSB-Cにして欲しいという声をよく耳にします。

でも、今年発売されたiPhoneは相変わらずLightning。そして来年発売されるiPhone 12も引き続きLightningが使われると報じられたことがあります。

そんな中、再来年2021年に発売されるiPhoneはとうとうLightningケーブルが廃止されるとアナリストが予想しています。

2021年発売のiPhoneはLightning廃止で無線充電へ

スポンサーリンク

Appleの情報に詳しいミン・チー・クオ氏によると、2021年に発売されるiPhoneはLightningポートを廃止するそうです。

しかもLightningポートを廃止して、その代わりUSB-Cに切り替えるのではなく、充電は完全に無線で行うになるとのこと。つまりパソコンへのバックアップもWi-Fi経由、またはiCloudへのバックアップへ移行するということになります。

とはいえ最初に完全無線モデルになるのはハイエンドモデル(Proモデル)のみに留まりそうです。

無線充電のみに進むのも正直微妙なところ

スポンサーリンク

2021年とまだ2年くらい先の話なので、アレコレいうのは難しいところはありますが、正直なところ完全無線充電化はあまり歓迎していません。

というのも1つには無線充電は有線の急速充電よりも遅いからです。

今後無線充電の充電速度が改善されたり、以前Appleが特許を出願した「Wi-Fiルーターを使った無線充電技術」が実用化されて、部屋のどこにいてもWi-Fi圏内なら充電されるような技術がなければ、不便なことも増えてきそうです。

さらにバックアップはiCloudにバックアップする場合、無料のプランではiCloudの容量が足らず月額料金を払わなければならないし、パソコンへのバックアップはWi-Fi経由でできても復元は今のところできません。

もちろん今出来ないことでも2021年には実現していることも多いので、今出来ないことを否定することは意味がないかもしれません。

まだ先なので今後の技術革新に期待します。

情報元:9to5 Mac

関連記事