指紋認証の更に先を行く!?Appleが将来的に心拍でユーザー認証ができるように特許を取得

指紋認証の更に先を行く!?Appleが将来的に心拍でユーザー認証ができるように特許を取得

Apple Watchの電池(バッテリー)残量を表示・確認する3つの方法
Apple Watchのコンプリケーションって何?
Apple Watchの名前を変更する(変える)方法

スポンサーリンク

Appleが指紋認証の次のステップとなるかもしれない新しい個人認証の技術に関わる特許を取得しました。

仕組み的にiPhoneやiPad、Macbookなどでの利用ではなく、Apple Watchとなりそうなんですけど、すごく興味深いです。僕は今のところApple Watchは見送っています。

でも、どんどん新しい技術が導入されて、使いやすくなればApple Watchも買っていいなとすら思えました。では、その特許の内容を見ていきましょう。

心拍によるユーザー認証システム

appleinsider9to5Macによると、Apple が取得した新しい特許が製品に搭載されれば、心拍を元にユーザー認証が行えるようになると報じています。

この特許「User identification system based on plethysmography」つまり「脈波検査を利用したユーザー認証システム」がどんなものなのかというと、Touch IDが指紋を使って認証するように、Apple Watchが将来的にパスコードを必要とせず、Apple Watchを装着するだけで、利用者の心拍を見て本人かどうかを確認できるようになるとのこと。

仕組みとしてはApple Watchが肌と接する部分に光を照射します。そしてその光がどのくらい反射してApple Watchに返ってくるのか、また逆にどのくら吸収されるのかを測定します。

スポンサーリンク

これは皮膚や骨、その他の要素によって違っていて、Apple Watchは前回のスキャンのものと比較するなどして認証を行ないます。

Appleは過去にも似た特許を取っている

Appleは以前にも心拍を使った特許を取得しているため、今回の特許を使ったものが商品に搭載されるかどうかはわかりません。

ただもし搭載されて「腕につけるだけで認証を解除」できるとなれば、けっこう目玉機能になりそうですね。

 

スポンサーリンク

COMMENTS