「駐車した場所を表示」はオン?オフ?|iPhone/iPadで見直したいセキュリティー iOS10対応

「駐車した場所を表示」はオン?オフ?|iPhone/iPadで見直したいセキュリティー iOS10対応

iPhone/iPadのアプリを終了させる方法
【問題解決】iPhone/iPadがiTunesで認識されないときの6つの対処方法
iPhoneで電話を保留する方法 & 保留音は変えられる?

スポンサーリンク

iOS 10に「駐車した場所を表示」という新しい機能があるの知ってましたか?

あまり注目されていない機能なんですけど、iPhoneは標準でこの機能がオンになっています。でも、本当にこの機能使っていないのにオンのままで良いのでしょうか。

不要であればオフにして、必要になったらオンにしてもいいのかもしれません。

そもそも「駐車した場所を表示」って何?

ショッピングモールなどの大きな駐車場や、街なかで車を停めて「あれ?車はどこにあったっけ」と迷子になりそうになったことありませんか?

iOS 10に追加された「駐車した場所を表示」はその名の通り、どこに車を停めたのかiPhoneが勝手に記録してくれるんです。一見すごく便利なこの機能なんですけどほとんどの人が使っていません。

スポンサーリンク

というのも、この機能を使うには車の中のBluetoothまたはCarPlayに接続されていなければ記録されないからです。

仕組みとしては車に乗ってBluetoothやCarPlayに接続されると、iPhoneは自動で「車に乗っている」と認識します。そして車が止まってエンジンが切れるとBluetoothやCarPlayとの接続が切れ、それを「車から降りた」と判断して、「その場所情報」を記録します。

つまり「車に乗らない」という人は間違いなくオフでもいい機能です。また、車には乗るけどBluetoothやCarPlayに接続しない人もオフで大丈夫です。

「駐車した場所を表示」をオフ、またはオンにする方法

「駐車した場所を表示」をオフ、またはオンにするには以下の手順で見ていきます。

設定マップ駐車した場所を表示オフにします。

show-parked-location

スポンサーリンク

COMMENTS