細かくチェック!iPhone 13シリーズ4機種の違いは何?

スポンサーリンク

この記事ではiPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの4機種で何が違うのか、Apple公式の情報を元に細かく比較してみました。

iPhone 13シリーズ。何を買ったら良いのか参考になれば幸いです。

ザックリ違いをまとめると「色」「サイズ」「ディスプレイ」「カメラ」です。ではもう少し詳しく見ていきましょう。

ちなみに「すべてのモデルで同じ機能」についてはほとんど触れていません。基本的なiPhone 13シリーズの機能については公式ページなどをご覧ください。

この記事はあくまでも「何が違うか」だけにフォーカスしています。

カラーバリエーションとサイズの違い

スポンサーリンク

まずiPhone 13シリーズのカラーバリエーションとサイズの違いから。

サイズは画像を見てもらうと大きさの比較ができると思います。iPhone 13とiPhone 13 Proはまったく同じ大きさ。iPhone 13 miniが一回り小さく、逆にiPhone 13 Pro Maxは一回り大きいです。

iPhone 13とiPhone 13 miniは色が5色あります。左からProduct Red、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンクです。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは左からグラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色展開です。

容量の違い

iPhone 13とiPhone 13 Proの容量の違いは「Proは1TBがある」ということです。

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB(Proモデルのみ)

ディスプレイの違い

スポンサーリンク

ディスプレイの違いは以下の通りです。まずはiPhone 13・13 miniと13 ProとPro Maxで違うところだけ抜き出してみました。

iPhone 13 / 13 miniiPhone 13 Pro / Pro Max
HDRディスプレイProMotion HDRディスプレイ
最大輝度800ニト(標準)最大輝度1000ニト(標準)

大きな違いはiPhone 13 Proと13 Pro MaxにはProMotionに対応したディスプレイが搭載されていることです。

これによって最大で120Hzのリフレッシュレートにも対応します。リフレッシュレートは表示しているコンテンツによって動きがないときは10Hz、必要に応じてそのレートを変えることで電池の消耗を抑えつつ、ゲームなどを表示しているときはスムーズな表示を可能にします。

また「輝度」が違うためProシリーズの方が画面が明るいです。明るい画面は屋外で見やすいので屋外で使うことが多い方はProシリーズの方が良いかもしれません。

チップの違い

iPhone 13シリーズはすべて「A15 Bionic」を搭載しています。
CPUはすべて「2つの高性能コアと4つの高性能コアを搭載した6コアCPU」、Neural Engineも「16コア」と同じです。

唯一違うところは「GPU」の数です。

  • iPhone 13 / 13 mini … 4コアのGPU
  • iPhone 13 Pro / 13 Pro Max … 5コアのGPU

スポンサーリンク

これによってどのくらいの性能差が出るのか?はわかりません。今後発売すると情報が明らかになってくるはずです。

ただ個人的には普通に使う分には4コアのGPUも5コアのGPUも大きな違いはないと思います。

バッテリーの持ちの違い

本体サイズや機能が違うためバッテリーの持ちがそれぞれ違ってきます。

1313 mini13 ProPro Max
ビデオ再生17時間19時間22時間28時間
ビデオ再生
ストリーミング
13時間15時間20時間25時間
オーディオ再生55時間75時間75時間95時間

背面カメラの違い

背面カメラはiPhone 12シリーズと基本的な違いは同じです。

  • iPhone 13 / 13 mini … 広角と超広角カメラ(2眼)
  • iPhone 13 Pro / iPhone 13 Pro Max … 望遠と広角、超広角カメラ(3眼)

望遠があるのがProシリーズです。

スポンサーリンク

F値やレンズの構成が違う

iPhone 13 / 13 miniProシリーズ
広角F1.6F1.5
超広角F2.4 / 120°視野角F1.8 / 120°視野角
望遠F2.8
レンズの構成広角 … 7枚
超広角 … 5枚
広角 … 7枚
超広角 … 6枚
望遠 … 6枚

両モデルともに「広角レンズ」「超広角レンズ」を搭載していますが、「F値」が違うためカメラの性能はかなり違うようです。

特に超広角はiPhone 13と13 miniはF2.4、Proシリーズは1.8なのでProシリーズはかなり暗所に強くなっています。

ズームの倍率やレンズ構成が違う

望遠レンズがある・ないでズームの倍率が大きく違ってきます。

写真撮影

iPhone 13 / 13 miniProシリーズ
光学ズームイン3倍
光学ズームアウト2倍2倍
光学ズームレンジ6倍
デジタルズーム5倍15倍

動画(ビデオ)撮影

iPhone 13 / 13 miniProシリーズ
光学ズームイン3倍
光学ズームアウト2倍2倍
光学ズームレンジ6倍
デジタルズーム3倍9倍

iPhone 13 Proシリーズのみ搭載の機能

  • LiDARスキャナを搭載したナイトモードのポートレート
  • デュアル光学式手ぶれ補正(望遠・広角)
  • マクロ撮影
  • Apple ProRAW
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
  • ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)

ここでは1つ1つの違いは説明しませんが、iPhone 13 Proシリーズは無印13シリーズと比べて、手ぶれ補正が強く、それによって暗所にも強くなっています。

スポンサーリンク

またマクロ(接写で2cm)にも対応しているのも魅力的です。

TrueDepthカメラ(フロントカメラ)の違い

ディスプレイ側にあるカメラはiPhone 13シリーズでほぼ同じ性能です。

数少ない違いとしてiPhone 13 Proシリーズは背面カメラと同様の違いがあります。

  • Apple ProRawに対応
  • 最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)

まとめ:最大の違いはカメラ

あれこれと違いを紹介してきましたが、サイズや色というわかりやすい違い以外だと、大きな違いは個人的には「カメラ」だと思います。

ディスプレイのProMotionはガジェット好きには大きな引き(魅力)になるかもしれませんが、一般の人はあまり気にする必要はないと思います。

スポンサーリンク

カメラは「日々キレイな写真を撮りたい」「一眼やミラーレスは持ちたくない」という人なら多少高くてもProシリーズを買っておくことをお勧めします。

とはいえProではないiPhone 13・13 miniも相当キレイな写真が撮れるので、あとはお財布と相談でしょうか。

関連記事