【iPhone 11 Pro】iPhone XRから買い換えるべき?機能を比較

この記事では、iPhone XRからiPhone 11 Proの2機種の性能を比較します。

iPhone 11シリーズが発売された現在も継続して発売しているiPhone XR。
そこからiPhoneのハイエンドモデル(上位機)に買い換えることで、どれだけ機能に違いが出てくるのでしょうか。

iPhone 11 Proの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

iPhone XRユーザーはiPhone 11 Proを買うべき?見送るべき?

スポンサーリンク

iPhone XRから見るとiPhone 11 Proには3つのカメラがあり、超広角や望遠まで撮ることができたり、ポートレートで人物以外の撮影が可能になり、さらにナイトモードで暗所の撮影まで行えるようになります。

またディスプレイもよりキレイになるなど、iPhone XRからiPhone 11 Proにアップするメリットはかなりあります。

ただiPhone XR自体、まだリリースされて1年。しかも未だに販売されている機種です。

iPhone 11 Proを購入すると106,800円。iPhone XRを下取りに出したとしても7万円程度すると思います。

その金額を出してカメラ性能を向上させたいのか、それともあと1-2年待つのが得策なのか?を考えた方が良さそうですね。

iPhone 11 ProとiPhone XR。どれだけ違う?

スポンサーリンク

去年発売されたiPhone XRと、最新のiPhoneのハイエンドモデル iPhone 11 Proの違いを比較していきます。

基本的に2つの機種で同じ機能、同じ数値のものはここでは記載しません。

本体:サイズ・重量など

iPhone XRとiPhone 11は重さもサイズもまったく同じです。

唯一違うのは色味です。
ホワイト、ブラック、イエロー、レッドが継続して販売され、ブルーとコーラルの代わりにミントのようなグリーンと、薄い藤色のパープルが追加されました。

ちなみにiPhone 11のイエローとレッドはiPhone XRよりも淡い色味になっています。

iPhone 11 Pro iPhone XR
サイズ 144.0 x 71.4 x 8.1 mm 150.9 x 75.7 x 8.3 mm
重さ 188 g 194 g
素材 ステンレススチール(つや消し) アルミニウム
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ミッドナイトグリーン ブラック、ホワイト、イエロー、コーラル、ブルー、レッド

ディスプレイ

iPhone 11 Proのディスプレイは、高精細な有機EL(OLED)ディスプレイを搭載しているため、iPhone XRから比べるとかなりキレイになります。

またiPhone 11 Proはディスプレイが明るくなったことで、屋外など明るい環境でも見やすくなります。

とはいえ、iPhone XRも十分キレイなので一般の人が使っていて、iPhone 11 ProとiPhone XRの違いを気にすることは少ないと思います。

iPhone 11 Pro iPhone XR
5.8インチ 6.1インチ
OLED(有機EL)ディスプレイ LCDディスプレイ
2436 x 1125ピクセル 458ppi 1792 x 828ピクセル 326ppi
2,000,000:1コントラスト比 1400:1コントラスト比
輝度:最大1200ニト 輝度:最大625ニト
HDRディスプレイ

プロセッサ・メモリー

プロセッサは順当にiPhone 11 Proのプロセッサ性能が上がっています。

 

iPhone 11 Pro iPhone XR
A13 Bionic 第3世代のニューラルエンジン A 12 Bionic 第2世代のニューラルエンジン
情報入り次第掲載 メモリー 3GB

CPUやメモリ以外にパソコンやスマホ・タブレットの性能を計測するアプリGeekbenchのスコアがこちらです。

数値は計測する度に若干数値が異なるため、ある程度数字を丸めたものです。

iPhone 11 Pro iPhone XR
シングルコア 情報待ち 4,825
マルチコア 情報待ち 11,325
グラフィック 情報待ち 22,025

背面カメラ

レンズが1つのiPhone XRから見ると、iPhone 11 Proはレンズが広角、超広角、望遠と3つもあります。またナイトモードの撮影やポートレートを人以外、例えばモノとか動物でも撮ることが可能になります。

これはかなり大きな違いです。

iPhone 11 Pro iPhone XR
カメラ 広角・超広角・望遠 広角
広角 F1.8 12MP
光学手ぶれ補正
F1.8 12MP
光学手ぶれ補正
超広角 F2.4 12MP
望遠 F2.0 12MP
光学手ぶれ補正
ズーム 2倍の光学ズームイン・ズームアウト
最10倍のデジタルズーム
最大5倍のデジタルズーム
ポートレート 6種類 3種類
※人物のみ対応
True Tone より明るいTrue Toneフラッシュ LED True Toneフラッシュ
ナイトモード ×
HDR 次世代のスマートHDR 写真のスマートHDR

TrueDepthカメラ(セルフィーカメラ)

ディスプレイの上部にあるTrueDepthカメラも全体的に性能が向上しています。

iPhone 11 Pro iPhone XR
F2.2 / 12MP F2.2 / 7MP
ポートレートモード 6種類
※人物の撮影も可能
6種類
※人物の撮影に非対応
4Kビデオ撮影 ◯ 24fps,30fps,60fps
スローモーションビデオ 1080p / 120fps
映画レベルのビデオ手ぶれ補正 4K、1080p、720p 1080pと720p
スマートHDR 次世代のスマートHDR(写真) 写真のスマートHDR

ビデオ撮影

ビデオ撮影は進化していますが、Youtuberなど映像に携わる人以外はあまり代わり映えしないかもしれません。

iPhone 11 Pro iPhone XR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ 最大60 fps 最大30 fps
光学手ぶれ補正 広角のみ
※超広角は非対応
広角
オーディオズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正 4K、1080p、720p 1080pと720p

Face ID

iPhone 11 ProのFace IDは、より反応が早くなり以前よりも認識距離が長く、認識できる角度も広がっています。

バッテリー

iPhone XRよりもiPhone 11 Proのほうがバッテリー容量が増え、さらに使用時間も若干長くなっています。

また充電器の出力が上がった(5W→18W)ため、以前よりも高速で充電が可能です。

iPhone 11 Pro iPhone XR
ビデオ再生 18時間 16時間
オーディオ再生 65時間 65時間
バッテリー容量 3,190 mAh 2,942 mAh
充電器 18W 5W

その他

その他、iPhone 11シリーズとiPhone XRの違いとして、iPhone 11シリーズにのみ搭載されていることとして、「空間認識に対応した超広帯域チップ」が搭載されていることが挙げられます。

「空間認識に対応した超広帯域チップ」は「UWB」と呼ばれ、iPhone 11の発表時には注目されていませんでしたが、かなり先進的な機能と言われています。

「UWB」が搭載されることで、より高い精度で位置情報を得ることができます。

ただUWBを使ってどんな恩恵を受けられるのか、Appleがどんなことを用意しているのか?については明かされていません。

関連記事