【iPhone 11 Pro】iPhone XSから買い換えるべき?機能を比較

この記事では、iPhone 11 Proと去年のモデルiPhone XSの2機種の機能や性能を比べつつ、iPhone XSユーザーはiPhone 11 Proを購入すべきなのかどうか?を比較検討したものです。

iPhone 11 Proの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

iPhone XSユーザーはiPhone 11 Proを買うべき?見送るべき?

スポンサーリンク

iPhone XSとiPhone 11 Proの細かい比較を紹介する前に、それぞれの違いをまとめました。

iPhone XSとiPhone 11の違いを、インパクトが大きな順番に並べると以下のようになります。

  • カメラがXSは「広角と望遠」、11 Proは「広角と超広角、望遠」
  • ナイトモード
  • カメラの性能向上
  • ディスプレイの品質
  • iPhone 11 Proは新色がある

この中で大きな違いはとにかく「カメラ」です。
超広角と撮影された動画や写真の品質向上に106,800円+税金を払う価値があるか?だと思います。

iPhone XSを売ってしまえば実質的な価格は7万円を切ります。とはいえ正直なところ7万円でもけっこう高いですよね。

iPhone 11 ProとiPhone XSの性能を比較する

スポンサーリンク

iPhone 11 Proと1つ前のiPhone XSの違いを比較していきます。

基本的に2つの機種で同じ機能、同じ数値のものはここでは記載しません。

本体:サイズ・重量など

本体サイズはほぼ同じです。若干iPhone 11 Proのほうが大きく、そして重くなります。とはいえ誤差の範囲ともいえます。

重さの差は11グラム。単4電池1本、または500円玉+10円玉、もしくは1円玉11枚が同じくらいの重さです。

iPhone 11 ProiPhone XS
144.0 x 71.4 x 8.1 mm143.6 x 70.9 x 7.7. mm
188 g177 g
筐体:ステンレススチール(つや消し)筐体:ステンレススチール
シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ミッドナイトグリーンシルバー、スペースグレイ、ゴールド

ディスプレイ

ディスプレイに関しては同じ有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、画面サイズも同じです。

違いはよりコントラスト比が高くなり、iPhone 11 Proのほうが屋外など明るい環境でも見やすくなっています。

iPhone 11 ProiPhone XS
2,000,000:1コントラスト比1,000,000:1コントラスト比
輝度:1,200ニト輝度:625ニト

プロセッサ・メモリー

プロセッサに関しては順当にiPhone 11 Proのプロセッサ性能が上がっています。

iPhone 11 ProiPhone XS
A13 Bionic 第3世代のニューラルエンジンA 12 Bionic 次世代のニューラルエンジン
4GB4GB

CPUやメモリ以外にパソコンやスマホ・タブレットの性能を計測するアプリGeekbenchのスコアがこちらです。

数値は計測する度に若干数値が異なるため、ある程度数字を丸めたものです。

iPhone 11 ProiPhone XS
シングルコア情報待ち4,800
マルチコア情報待ち11,375
グラフィック情報待ち21,575

背面カメラ

カメラは超広角カメラが搭載され、カメラ機能自体が全体的に性能アップしています。またiPhone 11 Proには暗所の撮影に強い「ナイトモード」が搭載されているのも魅力的です。

iPhone 11 ProiPhone XS
カメラ広角・超広角・望遠広角・望遠
広角F1.8 12MP
光学手ぶれ補正
F1.8 12MP
光学手ぶれ補正
超広角F2.4 12MP
望遠F2.0 12MP
光学手ぶれ補正
F2.4 12MP
光学手ぶれ補正
ズーム2倍の光学ズームイン・ズームアウト
最10倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
最大10倍のデジタルズーム
ポートレート6種類5種類
True Toneより明るいTrue ToneフラッシュクアッドLED True Toneフラッシュ
ナイトモード×
HDR次世代のスマートHDR写真のスマートHDR

TrueDepthカメラ(セルフィーカメラ)

ディスプレイの上部にあるTrueDepthカメラも全体的に性能が向上しています。
iPhone 11 Proの売りとして、背面カメラで行えたスローモーションを撮影できるようになったことを大きく取り上げていました。

iPhone 11 ProiPhone XS
F2.2 12MPF2.2 7MP
ポートレートモード(6種類)ポートレートモード(5種類)
4Kビデオ撮影(24fps,30fps,60fps)1080p HDビデオ撮影(30fps,60fps)
1080p(120fps)スローモーションビデオ
次世代のスマートHDR(写真)写真のスマートHDR

ビデオ撮影

ビデオ撮影で大きく違うのは「超広角」で撮影できるか?ではないでしょうか。
気を付けたいのは「光学手ぶれ補正」が搭載されていないことです。

「iPhoneに超広角カメラが搭載されるなら、GoProとかOsmo Actionは要らないかも」と思う人もいるかもしれませんが、iPhone 11で超広角モードにした状態で歩きながら動画を撮ると、それなりに手ぶれを起こすということです。

それ以外は数値的には現れていませんが、レンズや処理性能があがったことで動画自体がキレイになっているのは間違いありません。

iPhone 11 ProiPhone XS
ビデオの拡張ダイナミックレンジ最大60 fps最大30 fps
光学手ぶれ補正広角・望遠
※超広角は非対応
広角・望遠
ズーム2倍の光学ズームイン・ズームアウト
最10倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
最大10倍のデジタルズーム
オーディオズーム
映画レベルのビデオ手ぶれ補正4K、1080p、720p1080pと720p

Face ID

iPhone 11 ProのFace IDは、より反応が早くなり以前よりも認識距離が長く、認識できる角度も広がっています。

机の上に置いたまま認識されます。

バッテリー・充電

iPhone 11 Proはバッテリーの持ちがiPhone XSから大幅に進化しています。

また充電器が初代iPhoneから同梱されていた5Wのものではなく、18Wの充電器になりました。これにより以前よりも早く充電することができるようになります。

</tr

iPhone 11 ProiPhone XS
ビデオ再生18時間14時間
オーディオ再生65時間60時間
バッテリー容量3,190 mAh2,658 mAh
充電器18W5W

その他

その他、iPhone 11シリーズとiPhone XSとの違いとして、iPhone 11シリーズにのみ搭載されていることとして、「空間認識に対応した超広帯域チップ」が搭載されていることが挙げられます。

「空間認識に対応した超広帯域チップ」は「UWB」と呼ばれ、iPhone 11の発表時には注目されていませんでしたが、かなり先進的な機能と言われています。

「UWB」が搭載されることで、より高い精度で位置情報を得ることができます。

ただUWBを使ってどんな恩恵を受けられるのか、Appleがどんなことを用意しているのか?については明かされていません。

関連記事