iPhone 8やiPhone Xのカメラで「HDR」を手動に切り替える方法

iPhone 8やiPhone Xのカメラで「HDR」を手動に切り替える方法

Apple Watch Editionや噂の新iPhoneの名前「iPhone 8 Edition」のEditionの意味
iPhone Xの画面に緑色の縦線という報告が相次ぐ
iPhone Xでここが変わった!基本操作「電源を切る方法」

スポンサーリンク

iPhone Xにして数ヶ月、フッと気がついたことがありました。それはカメラで写真を撮影中「HDR」が表示されていないことです。意識してみて見ると、どうやらiPhone が写真をHDRで撮るか、HDRを使わずに撮るかを自動で判断しているようです。

逆をいえば手動でHDRをオンにしたり、オフにしたりすることができなくなったということです。

あとでわかったのですが、iPhone 8やiPhone 8 Plusも同じように自動でHDRにするかどうかを判断しているようです。

でも、敢えてHDRをオフにして写真を撮りたいときもあるので、手動でHDRの切り替えができるようにする設定を調べてみました。

自動HDRがオンのときとオフのときの違い

スポンサーリンク

まずは自動HDRがオンの場合と、オフの場合でどうカメラの見た目が変わるのか比較してみましょう。

上のスクリーンショットの一番左がiPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xで自動HDRがオンになっている状態です。HDRという表記がありませんね。

そして真ん中と右のスクリーンショットが、自動HDRオフの状態です。HDRをタップすることで自動オンオフの切り替えができます。

自動HDRをオフにする方法

自動HDRをオフにする方法は非常に簡単です。

  1. 設定を開く
  2. カメラをタップ
  3. 自動HDRをオフにする

たったこれだけです。簡単ですね。

スポンサーリンク

COMMENTS