通知画面の3D Touchアクションを比較|14のメールアプリから探せ!最高のメールアプリ探し

通知画面の3D Touchアクションを比較|14のメールアプリから探せ!最高のメールアプリ探し

電池の保ちにも影響!?プッシュ通知とフェッチ通知の違いって何?
iPhone/iPadにZipファイルが送られてきた!そんな時の対処方法
iPhone/iPadでApp Storeのアイコンに付く数字が消えないときの対処方法

スポンサーリンク

最高のメールアプリ探し」の2回目は通知画面に出てきたお知らせを3D Touchするとどんな表示がされるのか?を比較してみます。

3D Touchって何?という方のために、簡単に3D Touchって何?というのを説明しておくと、3 D TouchはiPhone 6sから搭載された機能で画面を長押しすることで、パソコンの右クリックのようにメニューを表示させたり、見たいドキュメントのプレビューを表示さすることができるというものです。

ロック画面でメール本文のプレビューができることについては賛否両論です。

というのも、ロックを解除できずにメールをサッと見れるのは便利なんですけど、逆を言えばロックを解除しなくても、メールの中身を読まれてしまいます。仕事のメールはもちろんプライベートのメールも「未読の状態のまま盗み読み」が可能になるということです。

そのため3D Touchでどんなものが表示されると良いのかは、その人の好みによって変わってくるはずです。

それでは、各メールアプリはいったいどんな風に3D Touchアクションを使えるのか、ご覧ください。

スポンサーリンク

3D Touchアクションを比較

3D Touchアクションの比較は表示内容とメニューの項目、それとそれらの項目をユーザーが変えられるか?について比べていきます。

Appleのメール.appとAirmail

Appleのメール.appはメールの送信者、件名、さらに本文もある程度表示される。

3D Touchのメニューとしては「アーカイブ」と「開封済みにする」の2つを表示。メニューの内容などの変更はできません。

Airmailはメールの送信者だけでなく、受信したメールアドレスも表示。また件名が大きく表示され見やすい。本文は十分な量が表示される。

メニューは「アーカイブ」「ゴミ箱」「返信」の3つが初期設定で表示されますが、以下のものに変えることも可能です。

スポンサーリンク

「アーカイブ」「ゴミ箱」「既読としてマーク」「スター」「To Do」「メモ」「完了」「迷惑メール」「明日(リマインダー)「返信」「ミュート」「ブロック」

AstroとCanary Mail

Astroは件名が太字で表示されない。また日本語化されていないので3D TouchのメニューはArchiveやDeleteといった英語で表記。

これ以外にも「Mark as Read 既読にする」「Snooze スヌーズ」「Star スター」にメニューを変えることができます

Canary Emailは件名が太字。Astro同様英語表記。3D Touch時のメニューを変えることはできません。

DispatchとEdison Email

Dispatchは送信者と受診者のメールアドレス、メールの件名は表示されるが、本文は表示されません。「アーカイブ」「迷惑メールとする」などの変更はできません。

スポンサーリンク

Edison Emailは送信者と件名を太字で表示。本文も表示される。また3D Touchのメニューの中に「Mute Notifications from this Sender この送信者の通知を無効にする」という他ではあまり見慣れないものが表示されます。

GmailとInbox

Gmail(左)とInbox(右)はほぼ同じ。送信者の名前と件名のみ表示され、メニューはGmailは「アーカイブ」と「返信」の2つ。Inboxは「完了」と「スヌーズ」の2つ。

GmailもInboxも表示内容やメニューの項目の変更はできません。

myMailとNewton

myMail(左)はメールの件名と本文のあいだで改行されません。

さらにメニューが画面からはみ出て「返信」「削除」「既読としてマーク」「スパムとしてマーク」の4つが表示。表示内容やメニュー項目の変更はできないようです。

スポンサーリンク

NewtonもmyMail同様、メールの件名と本文のあいだに改行が入りません。

メニューが「アーカイブ」「削除」「スヌーズ」「既読として表示」の4つが表示される。メニューの項目はこれ以外に「スター」「スパムとしてマーク」の2種類あり、入れ替えることが可能です。

OutlookとPolymail

Outlook(左)はメール送信者の名前、それと件名は本文と別で太字表示。メニューは「返信」「アーカイブ」「削除」「開封済み」の4つが表示され、変更はできません。

Polymailはメールの送信者名が2行表示され、件名と本文のあいだに改行は入りません。メニューは日本語対応しておらず、「Archive(アーカイブ)」「Read Later Tomorrow(明日読む)」「Delete (削除)」の3つが表示される。

SparkとTypeApp

Spark (左)はメール送信者だけでなく受信したメールアドレスも表示。また添付ファイルがあることを示すクリップも表示される。件名と本文は別で表示される
メニューは「クイック返信」「削除」「既読にする」の3つが表示される。

スポンサーリンク

TypeApp(右)はiOS 11.2.6のiPhone XとiPhone 6 Plusで動作確認を行いましたが通知が来ませんでした。

「通知画面の3D Touchアクション」を比較したまとめ

いかがだったでしょうか。

3D Touchによって本文が見えてしまうこと、返信できてしまうことをどう捉えるか?で、「最高のメールアプリ」がどれなのか変わってきます。

そのため一概に「これが良い」とは言いにくいのですが、個人的にはカスタマイズ性の高さや表示内容の見やすさを考えるとAirmailが断然オススメです。

その次はCanary mailとEdison Emailも見やすく良かったです。

セキュリティーの高さを考えるとGmailやInboxのような本文を表示せず、最低限のことができるものが良いのかもしれません。

シリーズ「最高のメールアプリ探し」

1回目:通知はどう来る?通知の表示を比較
2回目:
通知画面の3D Touchアクションを比較
3回目:
検索機能はどれが良い?
4回目:既読通知機能があるのはどれ?
5回目:送信取り消し機能があるのはどれ?
6回目:インボックスのスワイプアクションを比較

スポンサーリンク

COMMENTS