AppleのHomePod(ホームポッド)は幾ら?何ができるの?など素朴な疑問

AppleのHomePod(ホームポッド)は幾ら?何ができるの?など素朴な疑問

iPhone Xでここが変わった!基本操作「Siriを呼び出す」
[Mac]スピーカーのアイコンが画面の上から消えた時の対処方法
どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)「通信エラーが発生しました(サポートコード:802-2609)」というエラーの意味

スポンサーリンク

日本ではまだ発売日も決まっていませんが、アメリカ・イギリス、そしてオーストラリアでは2月9日から発売が始まるAppleが満を持して発売するスマートスピーカーのHomePod(ホームポッド)。

先日、2月9日から発売が始まる3カ国のAppleのウェブサイトに詳細な製品紹介ページが掲載されたので、HomePodでいったい何ができるのか調べてみました。

HomePodはスマートスピーカー

まずはじめにHomePodが何か?を簡単に紹介します。

HomePodとはスマートスピーカーです。iPhoneやiPad、Macに搭載されている人工知能のSiriを搭載し、音声で操作するスピーカーです。

最近ではAmazonの「Amazon Echo」や、LINEの「Clova」、そしてGoogleの「Google Home」など各社がスマートスピーカーを売り出しています。

スポンサーリンク

ちなみにHomePodにはApple A8チップと呼ばれるCPUが搭載されています。
A8チップといえば、iPhone 6やiPhone 6 Plus、iPad mini 4などに搭載されています。

HomePodでできること

HomePodでできることを書き出してみました。

  • SiriでApple Musicなどを通して音楽を流しコントロールできる
    例:「Hey Siri、楽しい曲を流して」とか「Hey Siri、次の曲にして」
  • 好きな曲・好きでない曲を学んでいく
  • ニュース、交通情報、スポーツ結果、天気などを教えてくれる
  • リマインダーやタイマーのセットができる
  • 単位変換や計算ができる
  • メッセージを送ったり、読んでくれたりする。
  • iPhoneと連携しスピーカーフォンになる
  • HomePodに対応した家電のコントロールができる

iPhoneやiPadのSiriが行えたことは基本的にできると思って良さそうです。

またスピーカー機能が非常に優れており、一般的なスピーカーではできないことをHomePodは行うことができます。

  • 部屋の大きさや位置に合わせて音量を調節する。
    音の反響も考慮し、背後が壁なら背後に流す音は小さく、左右で壁までの距離が違えば、それも音量を調整します。
  • 一部屋に複数台のHomePodがあれば、それぞれを認識し音を調整し合う。
  • 大きな音で音楽を流していても、操作する人の声を認識し操作をすることができる
  • AirPlay 2(未発表の新機能)に対応し、他の部屋にHomePodがある場合、そのHomePodとWi-Fi経由で連携し、すべての部屋に同じ音楽をかけたり逆に別の曲をかけたりすることができる。

スピーカーの性能はかなり期待できますね。

HomePodは幾ら?

HomePodの値段は日本ではまだ決まっていません。

アメリカで349.00ドルです。2018年1月28日の為替で計算すると38,000円でした。

スポンサーリンク

ちなみにHomePodの349ドルに近い値段の商品がいくつかあったので値段を見てみました。

  • Apple Watch Series 3のGPSモデル
    アメリカ:329ドル
    日本:36,800円
  • iPad mini 4 128GB Wi-Fiモデル
    アメリカ:399ドル
    日本:45,800円
  • iPad 32GB Wi-Fiモデル
    アメリカ:329ドル
    日本:37,800円

こう考えるとHomePodの日本の価格は38,800円か39,800円くらいになるのかな?と勝手に推測しています。

海外でHomePodを買って使える?

HomePodを海外で買って、日本で使うことができるのか?それは今の段階ではわかりません。

ただ、買って使うためにはいくつか理解しておきたいことがあります。

1つ目はHomePodを使うためにはApple IDと紐づけされているため、もし海外でHomePodを替えたとしても、アメリカ・イギリス・オーストラリアのApple IDがなければ使うことができません。

2つ目は「利用国」で制限をかけている可能性があります。つまりアメリカ在住の人が海外旅行でHomePodを持ってきても(そんなこと起こり得にくいけど)、Wi-Fiなどの位置情報を読み取って「日本では使えません」となる可能性があります。

3つ目は海外で買ったHomePodには適合マークがついていません。
つまり適合マークが付いていないHomePodを使うのは電波法的に違法となり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金対象となるので、そもそも買って使ってはいけません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS