アプリの問題解決

ノートアプリ「Bear」で「エディタのみ表示」を「Ctrl+1」で表示できないときの対処方法

スポンサーリンク

ノートアプリの「Bear」は通常「エディタ」「メモ一覧」「タグ一覧」の3つパネルがすべて表示されます。

画面を左右に分割して表示させるときは「タグ一覧」が表示されると「エディタ」が狭くなってしまうので「エディタ+メモ一覧」にしたり、執筆に集中したいときは「エディタのみ」に変えたりするのですが、なぜかこれらの表示をショートカットで切り替えることができませんでした。

そこでいろいろ設定を見て、ショートカットで切り替える方法を見つけましたので紹介します。

3つのパネルはこのように切り替えられる

Bearはありがちと言えばありがちですが、画面を「タグ一覧」「メモ一覧」「エディタ」という3つのパネル(ペイン)で分けています。

そしてその表示を

  1. エディタのみ
  2. メモ一覧+エディタ
  3. タグ一覧+メモ一覧+エディタ

という3つで切り替えることができます。伝わりにくいかもしれませんが、これがそのイメージです。

スポンサーリンク

この切り替えはメニューの表示から切り替えることもできるのですが、ショートカットで切り替えることもできます。

ちなみにショートカットは以下の通りです。

  1. エディタのみ … Control+1
  2. メモ一覧+エディタ … Control+2
  3. タグ一覧+メモ一覧+エディタ … Control+3

ところが実際にBearを開いて、Control+1やControl+2を押してもまったく表示は変わりませんでした。

ショートカットがぶつかっている

Control+1やControl+2を押していて気が付いたことがありました。

それはControl+2を押すと、2つ目のデスクトップに移動してしまうんです。つまりControl+2はすでにデスクトップの移動として設定されているということです。

そこで「あ!」と閃き、システム環境設定をチェックしてみたところ原因がわかりました。原因はショートカットがぶつかっていました。

  1. システム環境設定を開く
    画面左上のアップルマークをクリックして、システム環境設定をクリックする
  2. キーボードをタップ
  3. ショートカットをタップ
  4. 一番下にあるデスクトップ1への切り替えとデスクトップ2への切り替えをオフに

これでショートカットが被らなく(ぶつからなく)なり、無事にBearでパネル(ペイン)の切り替えをショートカットでできるようになります。

スポンサーリンク

 

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。