Apple Watchの「呼吸」リマインダーをオフにする方法

Apple Watchの「呼吸」アプリ使っていますか?
僕はApple Watch購入当初は物珍しさもあって使っていましたが、いつのまにか使わなくなってしまいました。

使わなくなると邪魔になるのがリマインダーの通知。

この記事ではそんなApple Watchの「呼吸」アプリの通知をオフにする方法を紹介します。

Apple Watchの「呼吸」リマインダーをオフにする方法

スポンサーリンク

Apple Watchに表示される「呼吸」のリマインダーなのですが、Apple Watchの中の設定を探してもリマインダーをオフにする設定は出てきません。

その代わりiPhoneの中にあるwatchアプリを使って設定の変更を行います。

Apple Watchの呼吸の通知をオフにする方法 01

  1. Watchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. 呼吸をタップ

  1. 呼吸リマインダーをタップ
  2. なしをタップ

以上で呼吸のリマインダーの通知が来なくなります。

もしくは呼吸アプリから一切の通知を受け取らなくて良い場合は、通知自体をオフにすることも可能です。

  1. Watchアプリを開く
  2. 通知をタップ
  3. 呼吸をタップ
  4. 通知をオフをタップ

ただしこの場合、週ごとの概要などの通知も来なくなりますのでご注意ください。

関連記事