iPhone 11やiPhone XRなどのFace IDを一時的にオフにする方法

顔認証のFace IDは、ユーザーがパスコードを入力する代わりにiPhoneやiPadのほうを見るだけでロックが解除される機能です。

そんなすごく簡単なロックの解除方法だからこそ、何かしらの理由でFace IDを使えないようにする必要が出てくることがあります。

今回は、そんな急きょiPhone 11やiPhone XR、iPhone XSやiPhone XなどのFace IDを一時的にオフにしたいときにどうすればいいかを紹介します。

Face IDを一時的にオフにする方法

スポンサーリンク

Face IDを一時的にオフにして、パスコード以外でロックを解除できないようにするには以下のようにするだけです。所要時間はわずか2秒です。

音量ボタンのどちらかとサイドボタン2秒間同時に長押しする。たったこれだけです。
iPad Proの場合は電源ボタンが画面上の右側に、そして音量ボタンは右側面の上の方にあります。

画面には電源オフ緊急SOS、そしてメディカルID、それとキャンセルが表示されるので、キャンセルボタンを押しましょう。

これだけでFace IDがオフになりパスコードのみでロックを解除できるようになります。
ただし、再びパスコードでiPhoneのロックを解除してしまうと、Face IDも再び使えるようになるので注意しましょう。

どんなときにこの機能を使う?

スポンサーリンク

では、どんなときにこの機能を使いましょう。

誰かに無理やり画面のロックを解除させられそうになったときくらいでしょうか。正直なところ、あまりない使うシチュエーションがない、もしくはそういう使うシーンに遭遇したくないかもしれませんが、頭の片隅に入れておいて損はないかもしれませんね。

関連記事