【覚えておきたい】iPhone XのFace IDを一時的にオフにする方法

【覚えておきたい】iPhone XのFace IDを一時的にオフにする方法

iPhoneやiPadでアプリの通知が来ないときの対処方法(iOS 11・iPhone X対応)
iPhone/iPadの調子が悪いと思ったらまずは再起動をしてみよう【iOS 11・iPhone 8 iPhone X対応】
iPhone Xがついに来た!ファーストインプレッション

スポンサーリンク

顔認証のFace IDといえば、iPhone Xの目玉機能。
ユーザーはiPhone Xのロックを解除するとき、iPhone Xに目を向けるだけで、ロックが解除されます。

そんなすごく簡単なロックの解除方法だからこそ、何かしらの理由でFace IDを使えないようロックする必要があるかもしれません。

今回は、そんな急きょiPhone XのFace IDを一時的にオフにしたい時どうすればいいのか紹介します。

Face IDを一時的にオフにする方法

Face IDを一時的にオフにして、パスコード以外でiPhoneのロックを解除できないようにするには以下のようにするだけです。所要時間はわずか2秒です。

スポンサーリンク

音量ボタンのどちらかとサイドボタンを2秒間同時に長押しすると、電源オフ、緊急SOS、そしてメディカルID、それとキャンセルが表示されるので、キャンセルボタンを押すだけです。

これだけでiPhone Xはパスコードのみで解除できるようになります。
ただし、再びパスコードでiPhoneのロックを解除してしまうと、Face IDも再び使えるようになります。

どうしてこれでFace IDがオフになるのか

なぜこの方法でFace IDがオフになるのか?というと、情報元の1つMacRumorsによれば、この「緊急SOS」「メディカルID」の画面を出したあとはFace IDが使えなくなるという機能はもともとTouch ID向けに作られたのでは?とのことです。

というのも、緊急SOS電話をかけたり医療の人がメディカルIDを使う時、ユーザーは意識がない可能性が十分にあります。そんなとき、指紋認証はユーザーの意識がなくても、本人の許可を得ることなくロックを解除することができるからです。

意識がない時に情報を盗まれないためのセキュリティーということですね。

 

スポンサーリンク

COMMENTS