iOS10のロック解除を「触れて押して解除」から「触れるだけで解除」に戻す方法

iOS10のロック解除を「触れて押して解除」から「触れるだけで解除」に戻す方法

iPhone 7とiPhone 8のホームボタンが反応しないときの対処方法
iPhoneでロックスクリーンからカメラを起動させない方法はある?(iOS 11対応)
【iOS 11対応】iTunesをアップデートしたら、iPhone/iPadのアプリをダウンロードできなくなったときの対象方法

スポンサーリンク

iOS10が先日リリースされて、ロックボタンの解除方法が変わったことで僕の身の回りで「なんかやりにくい」と戸惑っている人たちが何人かいました。

僕もそのうちの1人でした。iPhone 6 Plusを使っていたとき「そのうち慣れるでしょ」と思ってしばらくそのまま使っていたんですけど、結局慣れませんでした。

そこで今回はそんな同じ不便さを味わっている方にiPhone/iPadのロック解除を「触れるだけで解除」に戻す方法を紹介します。

「触れて押して解除」はiPhone”7″のための設定

実はこの「押して触れて解除」はiPhone7を考えて作られた設定なんです。

というのも、iPhone7のTouch IDセンサーは非常に高速です。そのためユーザーがロックスクリーンを表示させて、時計を見たり通知を見るためにホームボタンを押すと、それだけで指紋を読み取ろうとします。ところがロックを解除するつもりなく押している場合、指がちゃんとセットされていないので「ロックできませんでした」というメッセージが出てきてしまうんです。

スポンサーリンク

そこでそれを避けるためにiPhone 7はグッとホームボタンを押さないとTouch IDが作動しないように「触れて押して解除」という設定が設けられました。

なのでそれ以前のiPhone 6シリーズやiPhone 6sシリーズを使っていると、この設定はむしろ邪魔かもしれません。現に僕はiPhone 6 Plusのときは「触れて押して解除」が嫌で「触れるだけで解除」にしていましたが、iPhone 7を買ってからは「触れて押して解除」に戻しました。

ロックを「触れるだけで解除」に戻す方法

では、さっそく「触れるだけで解除」に戻す方法を見ていきましょう。まずは設定をクリックします。そのあとは一般アクセシビリティとクリックしていきます。

rest-finger-to-open-1

さらにホームボタン、最後は指を当てて開くオフになっているところをオンにするだけです。

rest-finger-to-open-2

これらの設定の良し悪しは好みがけっこう別れます。
僕はiPhone 7で使うときは「触れて押して解除」のほうがご動作が減って快適になりました。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

COMMENTS