iPhoneやiPadのバッテリー残量をパーセントで表示させる方法

iPhoneやiPadのバッテリーの残量表示は、購入したすぐの状態だと電池の減り具合が何となくわかるだけで、具体的に何%残っているかわかりません。

そこで今回の記事ではiPhoneやiPadの電池残量をパーセント(%)で表示させる方法を紹介します。

iPhone/iPadでバッテリー残量をパーセント表示させる方法

スポンサーリンク

iPhone・iPadのバッテリー残量をパーセントで表示させる方法はいくつかあります。

iPhone 8またはそれ以前の機種やiPadの場合

iPhone 8やそれ以前の機種やiPadは、購入した状態ではバッテリー残量は非表示になっています。

バッテリー残量を表示させるには以下の操作を行います。

  1. 設定を開く
  2. バッテリーをタップ
  3. バッテリー残量(%)オン

たったこれだけホームスクリーンの右上に電池のアイコンとともにバッテリー残量がパーセントで表示されます。

この設定を行うことで下のスクリーンショットを見ていただいてもわかるように電池(バッテリー)の左側に残量がパーセントで表示されるようになります。

iPhone 11やXR、iPhone XS、iPhone Xの場合

スポンサーリンク

iPhone 11をはじめとしたホームボタンがないiPhoneの場合、上記の操作を行ってもバッテリー残量をパーセントで表示させることはできません。

というのも、画面上部の真ん中に「切り欠き」(カメラがある黒いエリア)があり、バッテリー残量をパーセントで表示させるスペースがないからです。

そのかわり別の方法でバッテリー残量をパーセントで表示することができますので、興味がある方は下記の記事をご覧ください。

 

関連記事