Apple WatchのwatchOSをソフトウェア・アップデートする方法

この記事ではApple WatchのOS、watchOS(ウォッチオーエス)のソフトウェア・アップデートをする方法を紹介します。

Apple WatchのwatchOSはiPhoneのiOS、iPadのiPadOS、MacのmacOS同様定期的にソフトウェア・アップデートが行われ、機能が追加されたりバグの修正が行われたりします。

watchOSをアップデートするための条件

スポンサーリンク

watchOSをアップデートする方法は、iPhoneやiPadのiOSをアップデートする方法とほぼ変わりません。

ただしiPhoneやiPadよりもアップデートに条件がいろいろあります。その条件とは以下の通りです。

  1. Apple Watchが充電器に接続されている
  2. Apple Watchの電池の残量が50%以上ある
  3. ペアリングされているiPhoneがApple Watchのそばにある
  4. iPhoneがWi-Fiに接続されている
  5. iPhoneが最新のiOSになっている

つまり、充電中であってもバッテリーが50%未満の場合であったり、バッテリーが50%以上あっても充電器に接続されていなければアップデートは行われないということです。

また、僕はwatch OS 4.3にアップデートする時、Apple Watchの電池の充電が30%弱敷かなかったため充電を先に行い、さらにiPhoneも最新のiOSではなかったためiOSのアップデートも行い、全体で見たらアップデートに1時間ほどかかってしまいました。

watchOSをアップデートする方法

スポンサーリンク

watchOSをアップデートするにはApple WatchとペアリングされたiPhoneに入っているwatchアプリから行います。

Apple WatchのOS「watchOS」をアップデートする方法

  1. watchアプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ
  4. ダウンロードとインストールをタップ
  5. パスコードを入力
  6. 利用条件で同意するをタップ
  7. あとはアップデートが終了するのを待ちます

watchOSのアップデートは時間がかかる

watchOSをアップデートするときは、iPhoneやiPadのアップデート以上に時間の余裕を持って行いましょう。

というのも、watchOSのアップデートはアップデートファイルのデータが大きくなくても、Apple Watchの性能の問題なのかアップデートに結構がかかるからです。

watchOS 4.3にアップデートした際、Apple Watchのアップデートだけで1時間くらいかかりました。さらにwatchOSをアップデートするためにiPhoneのアップデートが必要になってしまうと、さらに時間がかかります。

出かける前、仕事に行く前、寝る前などに行うとあとが大変なので控えるようにしましょう。

関連記事