[悲報]iOS 10.2.1でもバッテリー消耗問題と落ちる問題は解決されず

[悲報]iOS 10.2.1でもバッテリー消耗問題と落ちる問題は解決されず

Sarahah(サラハ)で画像を保存しようとするとアプリが落ちるときの対処方法
iPhone Xでバッテリー残量をパーセントで知る4つの方法
iPhoneやiPadのカメラで撮影しようとしたら画面が黒いときの対処方法

スポンサーリンク

スマホを使っている上でとにかく問題になってくるのは、バッテリー問題です。
電池の減りが異状に早くなったり、電池残量があると表示されているのに突然電池がなくなって落ちるのはかなりストレスがたまります。

一部のユーザーでiOS 10.1から「iPhoneの電池の減りが激しくなった」「前より電池が保たない」「電池残量があるのに落ちる」といった声が上がっています。

そんななか「次こそは解決されるのでは?」と期待されながらリリースされたiOS 10.2.1ですが、残念なことに同バッテリー問題は解決されていないそうです。

iOS 10.2.1でもバッテリー問題は解決せず

Cult of Macによると、Appleは以前、iOS 10.2.1でバッテリー問題は解決されると約束していたにも関わらず、問題は解決されなかったそうです。

もともとこのバッテリーが異常に早く減ったり、バッテリー残量があるにも関わらず突然電源が落ちる問題はiOS 10.1から始まったものとされています。特にiPhone 7とiPhone 7 Plus以外のユーザーで問題が報告されています。

スポンサーリンク

そしてiOS 10.2ではさらに多くの不具合のリポートがAppleのサポート・コミュニティーに寄せられるようになりました。

Twitter上でも未だに「解決されていない声」があります。

とは言え、中にはこんな声も。

スポンサーリンク

つまり中には直った人もいるのかもしれません。

いったいiOSのバッテリー問題はいつになったら解決するのでしょうか。続報が入り次第紹介していきたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク

COMMENTS