iOS 10.3 ベータ 2を開発者向けにリリース。追記:パブリックベータもリリース

iOS 10.3 ベータ 2を開発者向けにリリース。追記:パブリックベータもリリース

Apple Watchでアプリを探しにくいときは並び替えをしよう
iOS 11でコントロールセンターをカスタマイズする方法
Bluetoothのヘッドフォンがつながらない時に試したいこと

スポンサーリンク

本日、AppleがiOS 10.3のベータ2を開発者向けと一般向けにリリースしました。

iOS 10.3 パブリックベータ2で変わったところ

今回ベータ1からベータ2に変わったことで、32ビットのアプリに対して警告が出るようになりました。その他には日本では関係ありませんがイギリスの携帯電話会社3社がWi-Fiコーリングに対応しました。

それ以外、ベータ1から目立った変化は見られず、バグの修正とパフォーマンスの向上が図られたものと見られます。

iOS 10.3の新機能は?

iOS 10.3で大きな変化はファイルシステムがAPFS(Apple File System)という独自のものに変わりました。ユーザーは特に意識することなくiOS 10.3をインストールすると自動的にファイルシステムが書き換えられます。

これによりセキュリティーの向上や、処理速度が早くなるなどのメリットがあります。

それ以外にAirPodsを持っている方は嬉しい「AirPodsを探す」が搭載されたり、開発者がアプリのレビューに対してコメントを返せるようになります。

スポンサーリンク

またアプリのレビューに対して開発者が返信をしたり、ユーザーが投稿したレビューに対して別のユーザーが「役に立った」「役に立たなかった」といった評価を行うことができるようになります。

その他にも細かい機能追加や変更が行われています。

パブリックベータはまだリリースされず

パブリックベータの2は今現在リリースされていません。ここ最近は1日遅れくらいでリリースされているので、明日までいったん待ってみましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS