Apple、iOS 12.1.3をリリース。バグ・脆弱性を修正

Appleが日本時間2019年1月23日の早朝、iOS 12.1.3をリリースしました。

今回のアップデートはiOS 12.1.2からiOS 12.1.3へのマイナーアップデートとなるため、新しい機能は追加されていませんが、バグや脆弱性の修正が行われています。

iOS 12.1.3の変更点・修正点

スポンサーリンク

iOS 12.1.3にすることで以下の問題が修正されています。

iPhone・iPadに関するiOS 12.1.3の修正点

まずiPhone・iPadに関わる修正点は以下の通りです。

  • メッセージ詳細表示で写真のスクロールに影響する可能性のある問題を修正
  • 共有シートから送信すると写真に縞模様が入る可能性のある問題を対処
  • iPad Pro (2018)で外部オーディオ入力デバイスを使用するとき、音声のゆがみが生じる可能性のある問題を修正
  • 特定のCarPlayシステムでiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxとの接続解除を引き起こす可能性のある問題を解決

HomePodに関するiOS 12.1.3の修正点

他にも日本では未発売のHomePodで確認されていたバグの修正・対処も行われています。

  • HomePodの再起動を引き起こす可能性のある問題を修正
  • Siriの聞き取りをさっまたげる可能性のある問題に対処

iOS 12.1.3に含まれるセキュリティーアップデート

iOS 12.1.3に関するセキュリティーアップデートは「About the security content of iOS 12.1.3」に記載されています。

詳細はここでは紹介しませんが、普段より多くアップデートされていますので、特に理由がない限りはiOS 12.1.3にアップデートしておいて損はなさそうです。

iOS 12.1.3へのアップデート方法

スポンサーリンク

iOS 12.1.3へのアップデートはiPhone・iPad本体から行うことができます。

  1. 設定をタップ
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ

アップデートがある場合は、その旨が表示されますので画面の指示に従ってアップデートを行って下さい。

関連記事