iOS 13.1.1がリリース。複数のバグ・不具合を修正

AppleがiOS 13.1.1ををリリースしました。
3日前にiOS 13.1をリリースしてすぐのアップデートということで、早急な対応が必要とされたバグの修正が行われています。

iOS 13.0やiOS 13.1.1をインストールしている方は要アップデートです。

バグを多く修正した「iOS 13.1.1」がリリース

スポンサーリンク

今回リリースされたiOS 13.1.1は基本的にiOS 13.1のバグ・不具合を修正したマイナーなアップデートとなっており、新しい機能の追加はありません。

「新機能がない」とはいえ、重要なセキュリティーのアップデートも行われています。

以下の内容がAppleのリリースノートにに記載されていたことです。

  • iPhoneがバックアップから復元できない場合がある問題を修正
  • バッテリーの消耗が通常より速い場合がある問題に対処
  • “メール”で、Yahooアカウントを追加するときの安定性を改善
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで、Siriへのリクエストの認識に影響を与える場合がある問題を修正
  • Safariで、検索候補をオフにしても有効に戻る場合がある問題に対処
  • “リマインダー”で、同期が遅延する問題に対処
  • 他社製のキーボードAppで発生するセキュリティの問題を修正

このアップデートと同時にiPad用のOS、iPadOSも13.1.1がリリースされています。iPadをお持ちの方はそちらのアップデートも行っておきましょう。

iOS 13はバグが多い印象

スポンサーリンク

毎回iOSの大きなアップデートが行われると、「バグが多い」ことが話題になります。今回のiOS 13もご多分に漏れずバグは多いです。

ただ個人的な印象ではありますが、iOS 13はその中でもバグが多い印象です。

どれも大きな問題ではありませんが、Siriの反応が悪かったり、リマインダーが同期されなかったり。あとは表示のバグも多いです。

利用者としてはバグの修正をため込んでリリースしないで、今回のように小まめにアップデートしてもらえるのはありがたいかぎりです。

 

関連記事