「iOS 13.2」がリリース。iPhone 11シリーズでカメラ性能の向上、AirPods Pro対応、

Appleは2019年10月29日、iPhone用のOS「iOS」の最新版iOS 13.2をリリースしました。

iOS 13.2ではiPhone 11やiPhone 11 Proのカメラ性能が向上したほか、絵文字のアップデートや追加、AirPods Proへの対応などが行われました。

またiOS 13やiOS 13.1は非常にバグが多く、それらのバグも改善されているとのこと。iOS 13をすでにインストールしている方は要アップデートです。

またAirPods Proに対応しているので、AirPods Proを購入予定の人もアップデートが必要ですね。

iOS 13.2の主な新機能・追加機能まとめ

スポンサーリンク

まずはiOS 13.2で追加された主な機能です。詳細を知りたい方は文末のリリースノートをご覧ください。

カメラ

  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MaxでDeep Fusionという機能を搭載し、質感と細部の表現が大幅に向上した低ノイズな写真を撮影可能に

絵文字

  • 動物、食べ物、アクティビティー、新しいアクセシビリティの絵文字、カップルの絵文字で肌の選択が可能になるなど70種類以上の絵文字が追加

AirPodsのサポート

  • Siriで着信したメッセージを読み上げ可能に
  • AirPods Proに対応

Siri

  • Siriの設定からSiriおよび音声入力の履歴の削除が可能に

“ホーム”App

  • HomeKitセキュアビデオを使用して、防犯カメラからのビデオを暗号化して非公開で収録、保存、および表示が可能に。
  • 人物、動物、車両を検知する機能を搭載

主な修正されたバグや改善された機能

スポンサーリンク

続いて主な修正されたバグや改善点です。
これ以外にもAppleが発表したリリースノートに記載されていますので、詳細は文末をご覧ください。

ちなみにリリースノートに記載された修正点以外にも細かい修正が行われていることがありますので、気になるバグがある方は各自ご確認ください。

  • 他社製アプリでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
  • 検索を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
  • スワイプしてホーム画面に移動する機能がiPhone X以降で動作しない場合がある問題を解決
  • 設定の今すぐバックアップを作成をタップしたあとで、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正

iOS 13.2のリリースノート

以下がAppleが発表したリリースノートです。

iOS 13.2では、iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro MaxでA13 Bionic搭載のNeural Engineを使用して、低照度の場所で取り込んだ画像の質感と細部の表現を大幅に向上させ、低ノイズに仕上げる高度な画像処理システムDeep Fusionが加わります。

また、絵文字のアップデートと追加、AirPodsでの着信メッセージ読み上げ機能の導入に加え、AirPods Pro、HomeKitセキュアビデオ、HomeKit対応ルーター、および新しい“Siriのプライバシー”設定にも対応しました。このアップデートにはバグ修正と改善も含まれます。

カメラ

  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro MaxのDeep Fusionで、A13 Bionic搭載のNeural Engineを使用して、様々な露出の画像を複数取り込み、ピクセル単位で解析を実行し、各画像の良い部分を合成することで、中から低照度の場所で取り込んだ場合でも質感と細部の表現が大幅に向上した低ノイズの写真を生成
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxの“カメラ” Appからビデオの解像度を直接変更することが可能

絵文字

  • 動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、性別のない絵文字、カップルの絵文字で肌色の選択など、70種類以上の絵文字を追加またはアップデート

AirPodsのサポート

  • “Siriで着信メッセージを読み上げ”により、受け取ったメッセージを読み上げてAirPodsで聞くことが可能
  • AirPods Proに対応

“ホーム” App

  • HomeKitセキュアビデオを使用して、防犯カメラからのビデオを暗号化して非公開で収録、保存、および表示が可能。人、動物、車両を検知する機能を搭載
  • HomeKit対応ルーターを利用して、お使いのHomeKitアクセサリのインターネット上または自宅での通信相手をユーザが制御可能

Siri

  • “プライバシー”設定で、Siriおよび音声入力に対する操作の音声をAppleが保存することを許可することにより、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを選択することが可能
  • “Siri”設定からSiriおよび音声入力の履歴の削除が可能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

  • 他社製Appでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
  • “検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
  • スワイプしてホーム画面に移動する機能がiPhone X以降で動作しない場合がある問題に対処
  • “メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
  • “メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題に対処
  • “連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
  • マークアップした注釈が保存されない場合がある問題を修正
  • 保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題を解決
  • “設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正
  • AssistiveTouchを使ってAppスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

関連記事