iOS 13.6・iPadOS 13.6からOSの自動アップデートがカスタマイズ可能に

2020年7月16日にリリースされたiOS 13.6・iPadOS 13.6からiOS・iPadOSのアップデートをカスタマイズできるようになりました。

この記事ではどのように自動アップデートをカスタマイズできるようになったのか紹介していきます。

iOS・iPadOSの自動アップデートをカスタマイズ可能に

スポンサーリンク

これまでiOS・iPadOSの自動アップデートの設定はオン・オフのみでした。

ソフトウェア・アップデートがあると、ダウンロードが自動で行われ、夜間アップデートが行われました。

それがiOS 13.6・iPadOS 13.6から変更が加えられ、アップデートのダウンロードと、アップデートのインストールを分けてオンオフすることができるようになります。

自動アップデートをカスタマイズする方法

スポンサーリンク

iOSとiPadOSの自動アップデートをカスタマイズする方法は以下の通りです

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ
  4. 自動アップデートをカスタマイズをタップ

カスタマイズの画面では上のスクリーンショットのように

  • iOS(iPadOS)アップデートをダウンロード
  • iOS(iPadOS)アップデートをインストール

という2つの設定があるので、適宜オン・オフを切り替えましょう

この変更で何が変わったのか

今回の自動アップデートのカスタマイズができるようになったことで

  • iOS/iPadOSのアップデートをダウンロードしても良いけど、アップデートのインストールは手動でやりたい
  • 自宅や職場など特定のWi-Fiでアップデートのダウンロードをしたいから、ダウンロードは手動で。アップデートは夜中に適当にやってほしい

といった要望にあわせたカスタマイズが可能となりました。

個人的には以前、容量制限があるカフェでiOSのアップデートをダウンロードが始まり、データ容量をすべて使いきられた経験があるので、「自動ダウンロードをオフ」にできるのは嬉しいです。

関連記事