2020年発売のiPhoneは部品の小型化で更にバッテリー量が増える?

韓国のメディアが、2020年に発売されるiPhone 12(仮称)は、内部のモジュール(部品)が小型化され、バッテリーの容量が更に増えると報じています。

端末が高性能化し画面が大きくなることで消費電力が増える中、バッテリーの容量が増えることで使用時間を現状のまま維持、もしくは更に長く使えるようになりそうです。

iPhone 12(仮称)はバッテリー容量が増大か

スポンサーリンク

韓国のメディアThe Elecによると2020年に発売される次期iPhoneは、従来の半分の大きさのバッテリー保護モジュールが搭載されるとのこと。

その空いたスペースに更にバッテリーを詰め込むことで、更なるバッテリー容量の増加を図ると思われます。

この小さくなったバッテリー保護モジュールは韓国のサプライヤー ITM Semiconductorが行います。

ちなみにバッテリー保護モジュールが何をするか?というと、過充電や過放電を防ぐ部品です。

ITM Semiconductorは今回開発された部品をGalaxy 11にすでに提供されているとのこと。

バッテリー容量増大と軽量化の2つはできない

スポンサーリンク

今回の噂ではバッテリーの容量が増える話ですが、バッテリーの容量が増える=端末は重くなります。

iPhoneは他のスマホと比べて重たいです。ズッシリ来ます。iPhone Xが出た時「重くて辛い」と買い換えた人を何人も見かけました。

個人的にはバッテリーばかりを増やすよりも、省エネ化や軽量化も行って欲しいと思ったりもするのですが、なかなか難しいのでしょうか。

情報元:MacRumors

関連記事