2020年発売のiPhoneはディスプレイサイズが変わって本体は薄くなる?

2020年に発売されるiPhoneはiPhone Xから続くディスプレイサイズから若干サイズ変更が行われ、本体は従来のものよりも薄くなるかもしれません。

次期iPhoneはディスプレイが薄くなる?

スポンサーリンク

ETNews経由MacRumorsによると、2020年に発売されるiPhoneはSamsung製のオンセル・タッチパネル(Y-OCTA)と呼ばれる技術を使った有機ELディスプレイを搭載し、その結果従来のモデルよりもディスプレイ部分が薄くるそうです。

オンセル・タッチパネルと呼ばれるとはタッチパネルと液晶パネルを一体化する技術です。
このオンセル・タッチパネルを使うことで「厚み軽減」「軽量化」「コスト削減」などを図ることができます。

とはいえディスプレイ自体が薄くなることで、本体が薄くなるかどうかは今のところ明らかにされていません。

ディスプレイが薄くなった分だけバッテリーを厚くして持ち時間を延ばしたり、他のパーツを組み込むために使われる可能性もあります。

次期iPhoneはディスプレイサイズが変わる?

スポンサーリンク

Samsungが提供する有機ELディスプレイは2020年に発売される5.4インチと6.7インチのiPhoneに提供されるそうです。

ちなみに6.1インチモデルは従来通り液晶ディスプレイが採用されるとのこと。

ここで気になったのは従来のiPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxのディスプレイサイズと、来年発売が予想されているiPhoneのディスプレイサイズが違うことです。

2019年2020年
iPhone 11・後継モデル6.1インチ6.1インチ
iPhone 11 Pro・後継モデル5.8インチ5.4インチ
iPhone 11 Pro Max・後継モデル6.5インチ6.7インチ

つまりもしその情報が本当ならiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの後継機はサイズが変わることを意味します。

今回報じられた噂はAppleの情報に詳しいミン・チー・クオ(Ming-Chi Kuo)氏が以前報じていたものとも一致しています。

現在噂されているiPhone 12の噂

ディスプレイサイズ以外に現在噂されている2020年発売のiPhoneは

  • 本体のデザインがiPhone 4のような角張ったものになる
  • 背面カメラは3Dセンシングカメラに(深度測定がより精密に)
  • 5Gサポート
  • メモリが6GBに
  • Touch IDがディスプレイの内部に

などの目玉が盛りだくさんとなっています。

情報元:Apple Insider

関連記事