2020年発売のiPhoneはメモリ6GB搭載・ミリ波5G通信に対応か

2020年に発売されるiPhone 12(仮称)、そしてiPhone SE 2について新しい情報が入ってきました。

iPhone 11が発売されてまだ日もありませんが、徐々に新しい情報が入ってきています。

2020年発売のiPhone 12とiPhone SE 2についての予測

スポンサーリンク

アメリカのメディアMacRumorが、Barclyas証券のアナリストBlayne Curtisが先日アジアでAppleのサプライヤーを視察し、次期iPhoneなどについての情報を掲載しました。

iPhone 12 ProとMaxについて

スポンサーリンク

MacRumorによると、2020年に発売されるiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxには6GBのメモリが搭載されるとのこと。
現行モデルが4GBなので、2GB増えることとなります。

またメモリ以外についても言及しており、背面カメラは3Dセンシングカメラを搭載し、そしてmmWave(ミリ波)の5G通信に対応するそうです。

iPhone 12について

iPhone 11の後継機とされるベースモデルのiPhone 11のメモリは現行モデルと同じ4GBに。

そして通信モデムはミリ波(mmWave)に対応するかどうかは、明言されていませんが、5G通信には対応するとのこと。

iPhone SE 2について

iPhone SE 2についてもアナリストのBlayne Curtisは触れています。

彼によるとiPhone SE 2は2020年2月から製造を予定し、iPhone 8をベースにしたものになるとのこと。iPhone 8 と同じように4.7インチのディスプレイやTouch IDを搭載し、CPUはA11からA13(iPhone 11シリーズと同じ)に上がり、そしてメモリは2GBから3GBになるのでは?とのことです。

ちなみに発売は2020年3月になると言われています。

情報元:MacRumors

関連記事