iPhone 12はそんなに高くならない?

2020年に発売されるiPhoneは大きく刷新されると言われ、それに伴い「価格が上がること」が懸念されています。

そんな中、Appleの情報に詳しいアナリストが2020年に発売されるiPhoneは今年発売されたiPhone 11シリーズと同等ではないか?と予測しています。

iPhone 12の内部的な原価は上がる可能性大

スポンサーリンク

2020年に発売されるiPhone 12は、デザインが一新され、5Gに対応やTouch IDが画面埋め込み式になると言われています。

それに伴い内部のパーツは30-100ドルほど原価が高くなるのでは?とAppleの情報に詳しいミン・チー・クオ氏は予測しています。

具体的には5G対応の部品などで値上げが予想されています。

原価が上がる分、別で価格を抑え価格を維持

スポンサーリンク

現在のiPhoneはiPhone 11が74,800円、iPhone 11 Proが106,800円からです。

もしiPhone 12の原価が本当に30ドルから100ドルアップしたら、原価分だけ足したもiPhone 12は80,00円から9万円程度に。iPhone 11 Proが11ま万円から12万円程度になってしまうということです。

ところが同氏はAppleは外観のデザインを再設計し、製造コストの削減をすることで原価アップを吸収させようとしているとのこと。

情報元:MacRumors | Cult of Mac

関連記事