iPhone 6s・iPhone 6s Plusの無償修理プログラム開始。自分の端末が対象か調べる方法

Appleが発売から4年も経ったiPhone 6sとiPhone 6s Plusの一部で発生している問題を受けて、無償の修理プログラムを始めました。

この記事では無償修理プログラムを始めるキッカケとなった問題がどんな問題だったのか?、無償修理の対象端末かどうか調べる方法などを紹介します。

一部のiPhone 6sと6s Plusで電源が入らなくなる問題が発生

スポンサーリンク

Appleが発表した「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」によると、一定の期間に製造されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusで電源が入らなくなるという事例が発生しているようです。

無償修正の対象のiPhone 6sとiPhone 6s Plusは何?

この問題が確認されているiPhone 6sとiPhone 6s Plusは、2018年10月から2019年8月までに製造されたものです。

この時期に製造されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusの部品の故障が原因で電源が入らなくなります。

つまり2018年10月以前にiPhone 6s・iPhone 6s Plusを買った人は関係ないということですね。無償修理の対象となるiPhone 6sとiPhone 6s Plusは2018年10月以降に購入されたものということになります。

iPhoneのシリアル番号がわかれば、自分の機種が対象製品かどうか簡単に確認できます。

自分の製品が対象のiPhoneか調べる方法

自分の持っているiPhoneが無償修理の対象かどうかを調べるには、Appleのサポートページを訪れ、お持ちのiPhoneのシリアル番号を入れるとわかります。

シリアル番号は以下の方法で調べることができます。

iPhoneのシリアル番号の調べ方

iPhoneのシリアル番号を確認する一番簡単な方法はiPhoneの設定を見ることです。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 情報をタップ
  4. ページ上部に記載されているシリアル番号を長押し
  5. コピーをタップ

これでシリアル番号がコピーされたので、上記で紹介したページを訪れシリアル番号を入れる欄にペーストすると、簡単に調べることができます。

修理対象のiPhoneを持っている場合の修理手続き

シリアル番号を入れて、もし修理対象になっているiPhone 6s、またはiPhone 6s Plusを持っている場合は、Apple Storeか、Appleの正規サービスプロバイダに持っていく必要があります。

ちなみに持っていったら100%無償で直してくれるわけではありません。
問題の修理するところ以外で修理が必要な場合は、その費用が請求されます。過去にバッテリー交換プログラムで液晶が割れていると液晶も修理しないとバッテリー交換ができなかったといったケースがあります。

まずは一度持っていって様子をみるのが良さそうです。

関連記事