【失敗例】iPhone 7 Plusのポートレート写真はまだまだ?

【失敗例】iPhone 7 Plusのポートレート写真はまだまだ?

iOS 12の新機能「ショートカット」をSiriで動作させる方法
ブラウザ版Googleカレンダーで覚えておきたいショートカットまとめ
iPhone・iPadの画面を縦方向や横方向で固定する方法

スポンサーリンク

iPhone 7 PlusはiOS10.1からポートレート写真機能が追加されました。

このポートレート写真は、あたかも一眼カメラで撮影したかのような写真が撮れるということです。iOS10.1がリリースされる前から「これで一眼が要らなくなる」とか、「ポートレート写真が撮れるからiPhone 7 Plusにした」という声が上がっていました。

ところが先日、iOS10.1がリリースされポートレート写真を取れるようになった途端、Twitterなどでポートレート写真の失敗例がアップされていました。

iPhone 7 Plusのポートレート写真失敗例

では、どんなふうに失敗してしまったのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

まずこの写真は右が普通に撮ったもの。そして左がポートレート写真にしたものです。両手に持っている銃は本来ボケがかからないはずなのに消えてますね。

これはかぼちゃの枝の部分がボケてしまいました。

ポートレート写真モードは疑似一眼レフ

どうしてこのようになってしまうのかというと、iPhone 7 Plusのポートレート写真モードは、一眼レフで撮影したようなボケを擬似的に再現しているからです。

iPhoneが撮影時に被写体の距離感などを判断して「ここはこのくらいぼかす」とかを決めています。そのため、その距離感を間違えてしまうと、思わぬときに思わぬところがボケてしまうかもしれません。

上では紹介しなかった写真でも物のフチが妙にボケていたりして、拡大すると違和感があったり、写真の対象物以外を一律にボカしているのかボケが強すぎる傾向がありました。

今はまだこのポートレート写真があるからという理由でiPhone 7 Plusに飛びつくとガッカリする人も出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

Appleは地図アプリが特にひどい例なんですけど、リリースしてから徐々に良くしていくことがあるので、少し様子見でもいいのかな?と思います。

スポンサーリンク

COMMENTS