iPhone 8はワイヤレス充電を可能にするために全面ガラス製に!?

iPhone 8はワイヤレス充電を可能にするために全面ガラス製に!?

DNSサービス「1.1.1.1」を使ってみたレビュー
買うの迷う!iPadにできて、iPhoneにできないことは何?
iPhone/iPadのApp Storeでアプリ紹介動画の自動再生をオフにする方法

スポンサーリンク

2017年に発売されるiPhone 8と呼ばれる次期iPhoneは、ワイヤレス充電を可能にするために全面ガラス製になるかもしれないとMac RumorsAppleInsiderが報じています。

全面ガラスにして充電効率をアップ?

情報元のKGI証券のミンチー・クオ(Ming-Chi Kuo)によると、もしワイヤレス充電を搭載するとしたら、従来の金属の筐体では電波の干渉が起こり、充電速度に制限が生まれてくるそうです。そのため、電気のロスが少ないガラスを用いるのでは?とのこと。

また何年も前からiPhoneのデザインを行っているジョニー・アイヴは、iPhoneの表面を1枚のガラスで作ったようなデザインにすることを望んでいたこともあって可能性が高いのでは?とのことです。

またミンチー・クオは、iPhone 8すべての機種にワイヤレス充電が搭載されるかどうかは不確かで、再来年2018年に向けて対応機種は増えてくると付け加えていました。

つまりiPhone 7 Plusのみデュアルレンズが搭載されたように、iPhone 8も上位モデルとしてワイヤレス充電を搭載したモデルが登場し、2018年以降のiPhone 9(?)には全搭載されるかもしれないということです。

 全面ガラスになったら気になること

もしこの噂が本当なら、「落下」に強いガラスをぜひ使って欲しいですね。

スポンサーリンク

ただでさえ落とすと液晶が割れるのに、今度は液晶面だけでなく、他の面も割れる可能性が出てきます。特に角(かど)の部分は衝撃が集中しやすく割れやすいので、その辺が考慮された本体であることを期待しています。

スポンサーリンク

COMMENTS