要注意!再生すると全てのiPhone/iPad/iPod touchがフリーズする動画が蔓延中

要注意!再生すると全てのiPhone/iPad/iPod touchがフリーズする動画が蔓延中

iOS 11.3.1がリリース。非純正品の画面に交換したiPhone 8で発生した不具合を修正
iOS 12を入れたiPhone Xの一部でディスプレイに不具合の報告
iPhone/iPadで上下逆、縦横間違って撮れてしまった動画を直す方法

スポンサーリンク

動画を再生することでiPhoneやiPad、さらにiPod TouchなどほとんどのiOSデバイスをフリーズさせてしまう凶悪な動画が発見されたとEverythingAppleProが報じています。

この動画、友人などからメッセージやメールでアドレスが送られてきて、間違えてクリックしてしまったら最後、最後まで見る/見ない関係なくiPhoneやiPadがフリーズします。

もしその動画を見てしまったらどうすればいいか。また見ないようにするための回避策を紹介していきます。

もし再生してしまったらどうなる?

この動画、動画のリンクをクリックした瞬間、もうアウトです。
動画を読み込み始めた瞬間は一見なにも問題ないように見えます。ところが少しすると動画を読み込んだiOSの端末はドンドン動作が遅くなり、最終的には何も操作できなくなります。

そうなると液晶はもちろん、ホームボタンや電源(スリープ/スリープ解除ボタン)全てが反応しなくなります。

スポンサーリンク

原因は何?ウイルスか何か!?

どうしてこんなことが起こるのか。
動画を再生した瞬間に何かに感染し、徐々に端末を蝕んで動作を遅くし、最終的に乗っ取ってしまう。そんなウイルスを想像する人が多いかもしれません。

でも、実際のところは動画が再生されるとiPhoneやiPadなどiOS端末のメモリをどんどん占有し、最終的には過剰なメモリの負荷によってiOS端末がフリーズしてしまうのでは?と情報元のEverythingAppleProは述べています。

そのためこの動画はウイルスと違って、このあと紹介する解決法を行えば、再び何の問題もなくiPhone/iPad/iPod Touchを使えるのが不幸中の幸いです。

どのiPhone/iPad/iPod Touchで問題が起こる?

この動画によってフリーズさせられる端末はiOS 5以降を搭載した全てのiOS端末です。

iOS 5がリリースされたのは2011年、今から5年前なので、それから一度もアップデートしていない端末を今でも使っている人はほとんどいません。つまりiOS端末全てといっても過言ではありません。

もしその動画を再生した場合はどうすれば良い?

もしその動画が誰かから送られて再生してしまったらどうすればいいでしょう。

その場合はiPhoneやiPad、iPod Touchを強制終了して、再び起動させるしかありません。iPhone 7以外の端末はホームボタンスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を長押しすれば強制再起動されます。
※iPadやiPhone 6以前のiPhoneは本体の上にスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)があります。

スポンサーリンク

iPhone 7のみが物理ボタンではなくなってしまったため、スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)音量を下げるボタンを長押しします。

force-restart-01

長押ししてしばらくすると電源が落ちますので、いつも通り起動すれば動かなくなった端末は元通りになります。上でも紹介していたとおり「ウイルスではありません」ので、その後は普通に使って問題ありません。

 よくわからない動画は開かないように

今回の動画で注意したいのは、動画のアドレス(URL)が「短縮URL」を使って偽装されている可能性もあります。

短縮URLを使った偽装って何?と思った方に簡単に説明すると、例えばGoogleマップで新宿駅のURLを見ると以下のようになります。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E9%A7%85/@35.690553,139.6973848,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x60188cd0d6b1ba1f:0x1c32a1f1ecacfdd5!8m2!3d35.690553!4d139.6995788

長いですね。それをGoogleマップの短縮URLで短くするとこうなります。

https://goo.gl/maps/ctLgmcxuxJC2

またほかにもBit.lyという短縮URLを使うと

スポンサーリンク

http://bit.ly/2gn5Yc5

こうなります。短縮URLサービスはほかにもたくさんあり、アドレスを見ただけではどのサイトのアドレスなのか検討が付きません。その「どのサイトかわからない」ところを利用して偽装しています。

今後のAppleの対応を待ちましょう

なぜこんなことが起こるのか詳細は不明ですが、「iOSのバグ」であることは間違いなさそうです。試しに「りんごの使い方」ではMacでその動画を再生してみましたが、まったく問題なく再生できました。

今回の件を受けてAppleがiOSのアップデートをしてくれることに期待しましょう。

ちなみに動画のアドレスは悪用を防ぐために当ブログでは紹介しません。

スポンサーリンク

COMMENTS