iPhoneのニュース

iPhone 8はディスプレイ下部にファンクションエリアを搭載か

スポンサーリンク

以前、iPhone 8にMacBook ProのようなMagic Toolbarを搭載したコンセプトモデルを紹介したことがありました。このコンセプトは各メディアでも紹介されたんですけど、そのコンセプトモデルがまさかの現実になるかもしれません。

Apple製品の最新情報に詳しいKGI証券のアナリストMing-Chi Kuoによると、次期iPhoneのiPhone 8は画面の下部に最新のMacBook Proのツールバーのような「Function Area ファンクションエリア」と呼ばれる今までのiPhoneにはない機能が搭載されるかもしれないそうです。

5.8インチのiPhone 8のみに搭載か

ファンクションエリアは今現在発売されているiPhoneのホームボタンがあるところに位置し、Touch IDは従来の形とは違うものになるとのことです。

そのために新しい生体認証システムを搭載し、今までと同じ操作性をホームボタンなしで実現することになります。ちなみにMing-Chi KuoはTouch IDと並行して顔認識が使われると以前報じていましたが、そのことについての言及はありませんでした。

また以前紹介したiPhone 8のコンセプト動画のなかに、今回の「ファンクションエリア」が搭載されたものがあったので、「ファンクションエリア」がどんなものなのかイメージしやすいかもしれません。

スポンサーリンク

実現したらiPhoneは相当便利になる

狭い画面の中でいかに操作性や生産性をあげるかがスマートフォンにとって大きなポイントになります。もし画面下にMacBook ProにあるMagic Toolbarのようなメニューがあったら、便利なのは間違いありません。

操作性も生産性も上がること間違い無しです。ぜひ実現させてください、Apple。

情報元:9to5Mac

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。