iOS 10.2ではスクリーンショット時のシャッターが無音に?

iOS 10.2ではスクリーンショット時のシャッターが無音に?

Apple Watchでスクリーンショットが撮れないときの対処方法
Apple Watchでスクリーンショットを撮る方法
Macbook ProでTouch Barのスクリーンショットを撮る方法

スポンサーリンク

日本のiPhoneはカメラの撮影時やスクリーンショットを撮ったときに必ずシャッター音が鳴る「日本仕様」になっていますね。

以前からそのシャッター音を消すための裏技を見つけたり、無音カメラアプリが売れるなどこのシャッター音をいかに消すか?という話題が事欠きません。

そんな中とうとう今度リリースされるiOS 10.2ではスクリーンショットの撮影時に限って、シャッター音を無効にできる機能が搭載されると報じられています。

そもそもなんでシャッター音がするのか

そもそもなんですけど、本来iPhoneはマナーモード時シャッター音は鳴りません。このシャッター音は日本仕様に変更されているものです。

では、どうしてそんなことをするのか?というと盗撮をさせないためです。

スポンサーリンク

それを考えると、スクリーンショットは画面を撮影するわけなので、無音にできて当然と言えば当然なのかもしれません。日本のユーザーからすれば「やっと」という感じです。

現在のところ、開発中のiOS10.2ではスクリーンショット時のシャッター音は無音化だけでなく音量調節もできるとのことです。

スクリーンショットを抜け穴にした技が生まれる?

もしスクリーンショットのシャッター音を無音化できるなら、カメラを起動させて、その撮影しようとしている画面のスクリーンショットを撮れば、無音で写真の撮影ができることになります。

もちろん解像度は低いんですけど、「音無撮影」は可能です。きっとこんな簡単なことは誰でも気がつくので、技術がある人はその穴を付いた無音アプリを作ってくると思います。

ちなみに現在わかっているのは「開発途中にあるiOS 10.2」です。実際のiOS 10.2には搭載されないかもしれません。なので期待しすぎずに待ちましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS