アップル公式 iOS10のシェアは54%。iOS9より若干伸びが悪い

アップル公式 iOS10のシェアは54%。iOS9より若干伸びが悪い

Sarahah(サラハ)で画像を保存しようとするとアプリが落ちるときの対処方法
【iOS 11対応】iTunesをアップデートしたら、iPhone/iPadのアプリをダウンロードできなくなったときの対象方法
iPhoneの「手前に傾けてスリープを解除」をオフにする方法

スポンサーリンク

少し前にiOSのシェアが66%を越え、過去のどのiOSよりもアップデートされるスピードが速いと各メディアが取り上げていました。

ところがアップルがApp Store – Support – Apple Developerで正式にiOS10のシェアを発表したとMac Rumorsが報じています。

iOSより若干伸びが悪い

アップルにによるとiOS10はiOS9の初速と比べて、若干伸びが悪い54%の利用率とのことです。

ちなみにiOS9の利用率が38%なので2つのiOSを足すだけで92%の人がiOS9以降を使っていることがわかります。逆をいえば8%の人がiOS9以前を使っているということになりますね。

iOS9はリリースされてからたった2週間で、iOSdデバイス全体の50%以上でインストールされたそうです。ところがiOS10は同じ2週間で48.16%と若干伸びませんでした。

スポンサーリンク

iOS10は地味に良くなっています

iOS10は見た目が変わったほか、入力システムで「全角と半角」がわかりやすくなったり、Macとの親和性が最高に気持ちいい「ユニバーサルクリップボードとか、細かい所でいろいろ改善が見られて個人的にはすごくいいなと思います。

ただ大きく変わった=保守的な人がいたり、「変わった=不具合が多いかも」という方が躊躇している人もいるはずです。仕事で使っているアプリがあったら尚更です。

今後、もっともっと使いやすく鳴ることを期待します。

スポンサーリンク

COMMENTS