Apple Watchを付けるだけで睡眠を記録AutoSleepが便利

Apple Watchを付けるだけで睡眠を記録AutoSleepが便利

iPhoneでセットしたアラームをApple Watchで鳴らないようにする方法
Apple Watchの名前を変更する(変える)方法
Apple Watchでスクリーンショットを撮る方法

スポンサーリンク

iPhoneやApple Watchを使った睡眠記録アプリがいくつかありますが、先日たまたま見つけたAutoSleepが思いの外よかったので紹介します。

睡眠記録アプリAutoSleep

睡眠記録アプリAutoSleepは、基本的にApple Watchを付けて寝るだけで睡眠状態を記録してくれます。なので、日々Apple Watchを付けることを忘れなければ、非常に簡単に睡眠状態を記録できます。

ある日の睡眠状態を見てみましょう。(左のスクリーンショット)

Apple Watchを付けたまま眠り、翌朝iPhoneのアプリを開くと「睡眠時間」や「良質な睡眠」「深い睡眠」「心拍数」が表示されます。

スポンサーリンク

下に少しスクロールすると、時間ごとの動きが現れます。

さらにスクロールすると1週間の平均と照らし合わせてどうだったのかを見ることができます。

それ以外にも「睡眠時間」や「深い眠り」など使い始めてからの履歴を追っておけるのも見ているだけで楽しくなります。

眠りの解析が意外と楽しい

「睡眠を解析して記録する」といろいろなことがわかってきます。

意外と夜中に眠りがかなり浅くなっていることがわかったり、眠りが浅い時間が多い日は翌日、起きて数時間後くらいに眠くなることが多かったり。

毎朝チェックするわけではありませんが、フッと気が向いて自分の眠りがどうだったのか、チェックしてみるとけっこう楽しいです。

しかも細かい設定がいらずに「Apple Watchを付けてんるだけ」というお手軽さも魅力の1つです。

スポンサーリンク

AutoSleepをApp Storeでダウンロード | 価格:360円(2018年7月現在)

スポンサーリンク

COMMENTS