iOS 12の新機能「計測」を試してみたら意外と便利だった

2018年9月18日にリリースされたiPhone/iPadの新しいOS「iOS 12」に「計測」というモノの長さを計ることができるアプリが追加されました。

以前からAR(拡張現実 Augumented Reality の略)の技術を使って、iPhoneやiPadのカメラを通して長さや距離を測るアプリはありましたが、今回iOSに内臓されたということでさっそく試してみました。

iOSの新機能「計測」は簡単に使える

スポンサーリンク

AR(拡張現実)を使ったアプリということで、「AR」に馴染みがない人だと、難しそうなことをしそうな印象を持つかもしれません。でも実際のところはいたってシンプルです。

ものの長さを計測するために何をするのかを簡単に書くと

  1. iPhoneやiPadのカメラを計測したい対象物に向ける
  2. 計測点を指定する

たったこれだけです。四角い物体は自動認識してくれることもあるので、「計測点を指定する」ことさえ不要な場合も多かったです。

「計測」を使ってみた感想

スポンサーリンク

今回、試しに家の中にあるさまざまな形のものを20個ほど計ってみました。

その結果、思ったことは以下のとおりです。

「だいたい」の大きさを測れる

従来のAR(拡張現実)を使った長さや距離を測るアプリと同様、この「計測」も正確さを求めるのは無理があるようです。

「ミリ単位のズレは当たり前」で、1センチくらいずれることはよくあります。だからといって全く使えないというわけではなく、「だいたいの大きさ」を知りたいときに非常に役に立ちます。

大きなものは測れない?

また大きなもの、例えばテレビや壁に立てかけてある大きな鏡を測ることはできなかったり、計測結果が大きく間違っていました。

テレビの横幅が1.1メートルと出たのに実際は80cmほどだったり。

角度が付くほど計測はズレる

他に対象物に角度が付きすぎるほど、計測結果にズレが出ました。例えば箱を斜め上から計測したところ、本来9cmのものが5cmで計測されました。

そのため、より正確に測りたいときは対象物の真上か、もしくは真横から測るのがいいようです。

 

関連記事