日本で買ったApple Watch 5で心電図(ECG機能)が使えた

日本ではApple Watchの心電図(ECG)機能を使うことができません。
これは心電図機能が「医療器具」扱いになるため国の認可が下りていないからです。

僕は1月初めにApple  Watch  Series 5を日本のApple Storeで購入しましたが、先日から心電図機能が使えるようになりました。

今まで「Apple Watchで心電図を使えるようにするためには心電図を使える国でApple  Watchを購入する必要がある」と言われていましたが、どうやら「Apple Watchを購入した国」は関係ないのかもしれません。

なぜ?日本で買ったApple Watchで心電図が使えるようになった謎

スポンサーリンク

先に触れておきます。僕は海外(ニュージーランド)在住です。

ニュージーランドは2020年3月20日から、Apple Watch Series 5の心電図機能が解禁になりました。

ただ以前から「Apple  Watchの心電図機能は購入した国で心電図機能が解禁されていなければいけない」という噂があったので、日本でApple Watchを買った僕は心電図を諦めていました。

ところが一昨日3月29日、何気なくApple  Watchを使っていると心電図のアプリがあることに気が付いたんです。そこでアプリの設定してみると普通に使えるではありませんか。

僕の使用環境

スポンサーリンク

Apple Watchで心電図機能を使いたい人の参考になるかもしれないので、僕の使用環境を書き残しておきます。

  • Apple Watch Series 5は日本で買う
  • ペアリングは日本で行う
  • 心電図機能はニュージーランドで使えている
  • 日本で心電図機能が使えるかはわからない(試せていない)
  • iPhoneはiPhone 11 Pro。ニュージーランドで購入
  • Apple IDは日本のアカウント

なぜ僕のApple Watchで心電図機能が使えているのか、その理由として挙げられるのは以下の2つだと思っています。

  1. ペアリングしているiPhoneがニュージーランドのもの
  2. ニュージーランドにいる

このどちらか、もしくは両方がApple Watchで心電図を使えるようにする条件のようです。

残念ながら僕は日本で購入したiPhoneを持っていません。また現在ニュージーランドにいて、新型コロナウイルスの影響で今後しばらく日本に戻れません。つまり「もし日本のiPhoneとペアリングしたらどうなるか」また「日本に帰っても使えるか」を確かめようがありません。

そのためこの記事には「答え」という「答え」がありません。ただこの記事が何かの参考になれば幸いです。

関連記事