iPhoneのディスプレイ修理をApple以外で行っても今後は保証の対象に

iPhoneのディスプレイ修理をApple以外で行っても今後は保証の対象に

iPhoneが着信するとiPadやMacも一緒に鳴るのを止める方法
【随時更新 10月4日UP】iOS 11で発見されているバグ・不具合まとめ
iPhone・iPadが”圏外”または”検索中”になったとき試すべきこと

スポンサーリンク

これまでAppleは自社、もしくはAppleが認定した正規修理プロバイダー以外でiPhoneやiPadの修理を受けると、保証期間内であっても全ての保証が対象外となっていました。

ところが、そのルールが変わるそうです。

サードパーティーでディスプレイを修理しても良くなる

今までAppleはiPhoneのどのパーツでも修理をAppeの正規修理サービスプロバイダー以外で受けると、その時点でiPhoneの保証期間内であってもAppleの保証対象対象外となっていました。

ところが現地時間の2月24日にAppleが社内向けに配布したメモから、今後は正規修理プロバイダー以外で修理を受けても、修理の保証対象となることがわかりました。

もちろんAppleの最初から付いてくる1年間の保証、もしくは追加購入するApple Careの保証期間を過ぎてiPhoneを他社で修理した場合は、Appleがもともと提示している「保証対象外の料金」が適応されるとのこと。

スポンサーリンク

まずはアメリカ・カナダから?

情報元のMac Rumoursによると、今回の動きはアメリカとカナダ国内で確認が取れて入るものの、その他の国と地域でどうなるのかについてはわからないそうです。

iPhoneのディスプレイの調子が悪かったり、画面が割れてしまっている方は、もし少し待てる場合は今回の発表が日本でどう影響するのかみてから動いたほうがいいかもしれません。

余談ですけど、なぜサードパーティーのディスプレイでもサポート対象になるようになったのでしょうか。その辺が少し気になるところです。

スポンサーリンク

COMMENTS