【ToDo・GTD】海外旅行や海外出張のときの時差をどうするか

海外に行くとき、毎回悩むのがToDoアプリやGTDアプリの予定をどう入力するか?です。

僕は海外在住で毎年1ヶ月ほど日本に帰るのですが、そのときの予定をToDoアプリやGTDアプリでうまく扱うことができません。

この記事ではどんなことで困っているのかをまとめてみました。

頭を悩ませる時差問題

スポンサーリンク

普段の生活の中で時差を気にすることはなかなかありません。

でも、海外旅行や海外出張に行く時の予定やタスク管理をするとき、時差という存在はけっこう厄介です。

というのも、ほとんどのタスク管理アプリには「時差 Time Zone」という概念がありません。

そのため例えば「ニューヨークに行く」ときにこんな問題に遭遇します。

現地で時間が変わってしまう

例えばニューヨークに行く前に日本でタスク管理アプリに、ニューヨークの予定を2つ入れたとします。

  1. 12月20日 午前10時
  2. 12月22日 午後3時

そしてニューヨークに着いてiPhoneのタイムゾーンがニューヨークに代わってから、タスク管理アプリを開くと上の予定の時間は

  1. 12月19日 午後8時
  2. 12月22日 午前1時

という風に14時間時間が戻ってしまいます。

これは過去に入れた予定も未来の予定もすべてタイムゾーンが変わることでズレてしまいます。

ちなみに一部のカレンダーアプリ・ToDoアプリは「時差 Time Zone」の概念があるため、アプリ内のタイムゾーンを固定すれば、海外旅行・海外出張に行っても予定の時間は変わりません。

現地で入れた日本の予定が変わってしまう

そして海外旅行・海外出張中に日本の予定やタスクを入れることもありますね。

すると、その予定もすべて日本に帰ると時間がズレてしまいます。。。そのため海外で安易にタスクを作ることができません。

タイムゾーンという概念があるアプリ

スポンサーリンク

ちなみに「タイムゾーン」の設定があるアプリは1つだけでした。

  • Todoist
    タイムゾーンの設定はできるが表示される時間はズレる

タイムゾーンの概念がないアプリ

そして以下のアプリではタイムゾーンを固定する項目がありませんでした。

  • Apple純正のリマインダー
  • Any.Do
  • OmniFocus
  • Things
  • Todo Cloud
    Web版に設定はあるがアプリ版にはなく反映されない
  • Google ToDo
  • Tick Tick
  • Trello
  • Remember the Milk
  • Microsoft To-Do
  • タブ型ToDoリスト

今後どうするかで考えていること

今後「タスク管理」をどう管理しようか、いろいろ考えています。

そのなかで漠然と決めたことは

  • 日付け・時間が決められているタスクはすべてタイムゾーンの概念があるカレンダーアプリGoogleカレンダーやCalendar 5と、タイムゾーンの設定がなく端末の時間で通知してくれるリマインダーアプリDueに。
  • 日付けや時間が決まっていないタスクをタスク管理アプリに

これで解決できるのでは?と思っています。

 

関連記事