Apple、watchOS 5.1.1をリリース。一部のApple Watchでインストール中に固まる不具合を修正された?

Apple、watchOS 5.1.1をリリース。一部のApple Watchでインストール中に固まる不具合を修正された?

【iOS】”アップデートをインストールできません”と表示されたときに試したい3つの対処方法
SmartNews(スマートニュース)の通知をオフ、または減らす方法
[iPhoneやiPad]メッセージの吹き出しの色「青 緑 グレー」の違い

スポンサーリンク

先日リリースしたApple Watchの最新バージョンApple WatchのOS、watchOS 5.1はリリース直後に一部の端末でインストール中にフリーズし、最悪の場合、文鎮化してしまう不具合があり配信が停止されました。

本日、11月6日その不具合が修正されたと思われるwatchOS 5.1.1がリリースされました。

とはいえ、「バグの修正」と記載はあるものの、watchOS 5.1.1のリリースノートには文鎮化の記載はありません。

主な修正は

  • トランシーバーのインストールが完了しないバグを修正
  • トランシーバーで一部のユーザーが参加依頼の受信、または送信できない問題を修正
  • アクティビティappのバッジに関するバグを修正

アップデートはiPhoneのwatchアプリから行うことができます。充電が50%以上あり、Apple watchがWi-Fiに接続されている必要があります。

スポンサーリンク

COMMENTS