Apple、watchOS 5.1にアップデート中のApple Watchがフリーズする問題に関するサポートページを公開

Apple、watchOS 5.1にアップデート中のApple Watchがフリーズする問題に関するサポートページを公開

iPhoneやiPadでアプリの通知が来ないときの対処方法(iOS 12対応)
Macbook ProでTouch Barのスクリーンショットを撮る方法
iPhone XSやiPhone XRを買ったら覚えたい「iPhone XS・XRで変わった12個の操作」図解編

スポンサーリンク

先日2018年10月31日、リリース直後に不具合が指摘され配信が停止されたwatchOS 5.1。

アップデートしようとすると一部のApple Watchが、Appleのロゴを表示したままフリーズ(文鎮化)する同問題のサポートページをAppleが公開しました。

watchOS 5.1を入れて不具合が出た場合は

Appleのサポートページ「Apple Watch が watchOS 5.1 にアップデートした後で Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合」によると、もしお持ちのApple WatchにwatchOS 5.1にアップデートして、インストール中に不具合が出た場合は以下のように対応して欲しいとのことです。

  1. Apple Watchの強制再起動
    サイドボタンとデジタル・クラウン(竜頭)を電源が切れるまで同時に長押しする。
  2. Apple WatchがApple Watchを表示したまま、動かない場合はAppleサポートに問い合わせる。

情報元:Linkman

次回のアップデートで不具合が解決予定

watchOS 5.1はすでに配信が停止されており、次にリリースされるアップデートでは、今回の問題は解決される予定です。

スポンサーリンク

そのためwatchOS 5.1にすでにアップデートして特に問題なかった方や、watchOS 5.1にアップデートしなかった方も今回の件で特に心配する必要はありません。

関連記事

スポンサーリンク

COMMENTS