Apple Watchのニュース

Apple、watchOS 5.1にアップデート中のApple Watchがフリーズする問題に関するサポートページを公開

スポンサーリンク

先日2018年10月31日、リリース直後に不具合が指摘され配信が停止されたwatchOS 5.1。

アップデートしようとすると一部のApple Watchが、Appleのロゴを表示したままフリーズ(文鎮化)する同問題のサポートページをAppleが公開しました。

watchOS 5.1を入れて不具合が出た場合は

Appleのサポートページ「Apple Watch が watchOS 5.1 にアップデートした後で Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合」によると、もしお持ちのApple WatchにwatchOS 5.1にアップデートして、インストール中に不具合が出た場合は以下のように対応して欲しいとのことです。

  1. Apple Watchの強制再起動
    サイドボタンとデジタル・クラウン(竜頭)を電源が切れるまで同時に長押しする。
  2. Apple WatchがApple Watchを表示したまま、動かない場合はAppleサポートに問い合わせる。

情報元:Linkman

次回のアップデートで不具合が解決予定

watchOS 5.1はすでに配信が停止されており、次にリリースされるアップデートでは、今回の問題は解決される予定です。

そのためwatchOS 5.1にすでにアップデートして特に問題なかった方や、watchOS 5.1にアップデートしなかった方も今回の件で特に心配する必要はありません。

関連記事

Amazon 今日の特価はこれ!

本日1月17日のAmazon.co.jpのタイムセール(特価)商品のなかから、特に気になったものを紹介します。
これ以外のタイムセールをご覧になりたい方は「タイムセール|Amazon.co.jp」をご覧ください。

レザーカバー折りたたみ式 USB充電ワイヤレスキーボード iOS対応
6,800円2,958円(57%OFF)
27件のレビュー
終了時間:2019年01月19日 10時14分まで
Amazonのページを見る

※2019年01月19日03時00分時点の価格と在庫です。価格の変更や売り切れの可能性があります。詳細は商品ページをご確認ください。

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。